「1日6時間ゲームする子」に親ができること

日常生活に支障をきたすケースは少なくない

いちばんの原因は、「ゲームを子どもに持たせているということ」です。そもそも初めからゲームを持っていなければこのようなことにはなっていません。しかし、これだけ普及して誰もが持っている状況で、ゲームをわが子に持たせないと決断できる家庭は多くありません。「ゲームを持たせないほうがよかった」と今さら言っても現実的ではないということです。

そこでもう少し現実的なお話をしましょう。これまで非常に多くの親御さん、子どもたちと出会い、ゲームやスマホに関するテーマで話をしてきました。そこからわかったことがあります。それは、ゲーム機を持っている家庭にはいくつかのパターンがあるということです。

家庭でルールやペナルティを決めているか

1)ゲームを持つにあたり、家庭で約束事(ルール)を作る家庭と作らない家庭がある

まずは、ゲームを持つ段階で、約束事(ルール)を作る家庭と作らない家庭に分かれます。たとえば「ゲームは1日1時間まで」「勉強が終わったらゲームをやる」など、家庭によってさまざまなルールが作られます。もし、このルールを作っていなければ、子どものやりたい放題でしょう。子どもの目に余る行動が起きてから、後でルールを作ってもあまり効果はありません。最初が肝心で、初めに作らないとルールとしてなかなか機能しないのです。

2)家庭で約束事を作っていても、ペナルティを決めている家庭と決めていない家庭がある

次に、家庭でルールを作っていても、それを破ったときにどうなるのか、というペナルティについて決めている家庭とそうでない家庭に分かれます。たとえば、「このルールが守れなかったら、1週間ゲームを禁止」「このルールが守れなかったら1カ月間禁止」など、家庭によって決めている家庭があります。もしこのように、ペナルティを決めていなければ、「ルール破っても別に関係ないし」と子どもがルールを重視しない可能性があります。ですから子どもがゲームと上手に付き合っている家庭では、ルールを作った後に、それを守れないときのペナルティを決めています。

3)ペナルティを決めていても、それを実際に実行する家庭と実行しない家庭がある

さて、ペナルティを決めたところまではいいのですが、子どもが実際に、ルールを破ってしまって、ペナルティを適用するという段階で、それを実行しない家庭があります。つまり、「ゲームは1日1時間、もし守れないときは、1週間禁止」と決めていても、罰を与えるのはかわいそうだなどとなって、その1週間禁止を実行しないのですね。こうなると、子どもは「ペナルティといっても口だけ」という認識を持ち、悪い意味での“教育”を行ってしまうことになります。

このようにみてくると、岩崎さんの場合は、1)のルールはあるようですが、その後の部分でうまくいっていないということになります。つまり、子どものことを配慮してペナルティが実行できていないということですね。もし、あらかじめ子どもと一緒にルールやペナルティを作って実行していれば、もっとやりやすかったかもしれません。

次ページ解決策は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT