「1日6時間ゲームする子」に親ができること

日常生活に支障をきたすケースは少なくない

:「じゃ、ルールは作ったとして、もしそのルールが守れなかったらどうする?」

:「ちゃんと守る」

:「ちゃんと守れないときはどうする?」

:「……」

:「守れないときにどうするかを決めておかないと、『約束破った』と言って怒られることになるけど」

:「そのときはもうゲームをやらない」

:「でも、ゲームやらないようになっても、またやりたくなるよね。だからたとえば3日間はやれないというようなペナルティを初めに決めておくのがいいと思うんだけど」

:「わかった」

:「ペナリティは決めたら必ず、3日間禁止みたいに実行されるけども、そうなったときに、それを嫌がって、ふてくされたり、暴れたり、泣いたりとはそんな状態にはならない?」

:「うん。大丈夫」

実際、ペナルティを実行したときには、嫌がったり、泣いたりするかもしれません。しかし、決め事は決め事。ここでしっかりとやらなければ、同じことの繰り返しになってしまいます。そして一度実行すると、次からはルールを破る確率がグッと減ることでしょう。

子どもの長所を引き出す

② 徹底してゲームをやらせる

さて、2つ目の解決策です。これは、子どもの長所を伸ばす方法です。この方法はあまりにも非現実的に思えるため、実行されない可能性もありますが、実際に行っている方もいます。

それは「ゲームを徹底してやらせる」ということです。先ほどのアプローチとは真逆です。通常、親はこの方法は選択しませんが、考えようによっては、もしかしたら、子どもの長所はこのようなゲームに関連する能力にあるのかもしれません。小3で平日に3時間、休日に6時間もゲームをやり続けるという力は、ある意味、すごいことです。それだけ集中して行うことは通常できません。

『ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

実は、この方法は、子どもの長所を引き出すことによって将来の職業につなげるという意味もありますが、もう一つ逆の方向もあるのです。つまり、子どもがゲームざんまいである場合、制限なくやり続けると、そのうち飽きだすということも考えられますね。たとえば好きな食べ物だからといって毎日食べていたらそのうち飽きます。たまに食べるからおいしさを感じるものです。ですから、長所がゲームの中に隠れていれば、それが開発されますし、そうでなければ、そのうち自分で制限し始めるようになるということです。

しかし、このような理屈がわかっても、親としては、「このままゲームばかりで親の言うこともいっさい聞かなくなったらどうしよう」と不安がよぎります。それはそうでしょう。ですからこれを選択するかどうかは、家庭の判断となります。いちばんよくないのは中途半端な対応をすることです。一貫性がなくなるとよくありませんから、その点を考慮に入れて、どう対応するか考えてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。