達人厳選、DIYを楽しくする「こだわりギア」

休日のものづくりを楽しくこなす技術

超音波下地センサー

下地センサーHG/シンワ

例えば壁に何かを飾りたいとき、テレビを壁に固定したいとき、壁紙の裏にある石膏ボードに固定するだけでは強度に不安が残る。そんなときは、そのさらに奥にある下地の木を探す必要が……! とはいえなかなか素人には探せない。そこで下地を探し出すセンサーの出番だけど、これまでは先端に付いている針を壁に突き刺して探すモノが一般的で、壁を傷付けてしまう問題が。しかしコチラは壁に付けると静電容量の変化を検知し、手軽かつクイック。さらに壁を傷つけずに探せるのだ。3000円代からで購入できるのもうれしい。

DIYをするのなら…!

インパクトドライバー&アタッチメント

充電式インパクトドライバ 14.4V 3.0Ah/マキタ ほか

電動ドライバーとは、似て非なるモノ。それがインパクトドライバーだ。ただ回転するだけではなく、前方に叩きつける効果が特徴。これにより硬いネジでもスルスルと木や壁に入っていくのだ。「オススメはマキタのインパクトドライバー。ここのシリーズはバッテリーが使い回せるので、同社の掃除機でも使えたり。すぐに充電が終わるバッテリーも優秀ですよ」と石坂さん。ちなみにインパクトドライバーも電動ドライバーも、ビットの種類が実に豊富。一般的なプラスとマイナスのドライバーに加え、ドリル、各種素材を丸形にくりぬけるホールソーなどなど、さまざまあるのだ。DIYをするならいの一番に揃えておきたい相棒といえそう。

次ページ隠れた名脇役
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT