カインズの品ぞろえは、ここまで徹底する

ホームセンター1位が持つ圧倒的な力の秘密

業界一の店舗網を構えるカインズ

いま、男性だけでなく女性の間でも人気のDIY。DIYとは英語の「Do It Yourself」の略で、専門業者に依頼するのではなく、自らの手で何かを作ったり、修理したり、装飾したりする活動のことだ。日本で初めてDIY関連商品が一堂にそろった本格的なホームセンターが誕生したのは昭和47(1972)年。それ以降、ホームセンターの数は右肩上がりに店舗数は増え続け、いまや全国に4500店舗を超えるホームセンターが存在している。

そんな競争激しいホームセンター業界で、1位チェーンがカインズだ。ベイシアグループの企業で、売上高は約3800億円。その規模こそ業界内でDCMホールディングス(同約4300億円)に次ぐ水準だが、DCMはホーマック、カーマ、ダイキが経営統合し、屋号は別々に運営しているため、ホームセンターチェーンとして実質的にトップなのがカインズである。

最大級規模のカインズ浦和美園店で店長を務める菊地義雄さん

そんなカインズに16年間勤務し、その中でも最大級の規模を誇る浦和美園店で店長を務めるベテランの菊地義雄さんは、2月6日(土)よる7時56分からTBS系列で放送する「ジョブチューン 大人気店SP!」に出演する。全国ナンバーワンのホームセンターは何がすごいのか。取材班は菊地さんに密着して、その秘密を探った。

何でもそろう!10万種類の品数

1978年に1号店を栃木にオープンし、現在全国各地に200店舗を構えているカインズ。従来のホームセンターにある木材や工具、生活用品はもちろん、毎朝、契約農家から仕入られた新鮮な野菜、さらには犬・猫を始め、熱帯魚やリスザルなどのペットも販売!これだけにとどまらず……本格的な耕うん機や車のタイヤまでという。実は、カインズでは肉と魚以外の生活に関わるほぼすべての品目を取り扱っている。

次ページカインズの徹底したコスト管理
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT