カインズの品ぞろえは、ここまで徹底する

ホームセンター1位が持つ圧倒的な力の秘密

業界一の店舗網を構えるカインズ

いま、男性だけでなく女性の間でも人気のDIY。DIYとは英語の「Do It Yourself」の略で、専門業者に依頼するのではなく、自らの手で何かを作ったり、修理したり、装飾したりする活動のことだ。日本で初めてDIY関連商品が一堂にそろった本格的なホームセンターが誕生したのは昭和47(1972)年。それ以降、ホームセンターの数は右肩上がりに店舗数は増え続け、いまや全国に4500店舗を超えるホームセンターが存在している。

そんな競争激しいホームセンター業界で、1位チェーンがカインズだ。ベイシアグループの企業で、売上高は約3800億円。その規模こそ業界内でDCMホールディングス(同約4300億円)に次ぐ水準だが、DCMはホーマック、カーマ、ダイキが経営統合し、屋号は別々に運営しているため、ホームセンターチェーンとして実質的にトップなのがカインズである。

最大級規模のカインズ浦和美園店で店長を務める菊地義雄さん

そんなカインズに16年間勤務し、その中でも最大級の規模を誇る浦和美園店で店長を務めるベテランの菊地義雄さんは、2月6日(土)よる7時56分からTBS系列で放送する「ジョブチューン 大人気店SP!」に出演する。全国ナンバーワンのホームセンターは何がすごいのか。取材班は菊地さんに密着して、その秘密を探った。

何でもそろう!10万種類の品数

1978年に1号店を栃木にオープンし、現在全国各地に200店舗を構えているカインズ。従来のホームセンターにある木材や工具、生活用品はもちろん、毎朝、契約農家から仕入られた新鮮な野菜、さらには犬・猫を始め、熱帯魚やリスザルなどのペットも販売!これだけにとどまらず……本格的な耕うん機や車のタイヤまでという。実は、カインズでは肉と魚以外の生活に関わるほぼすべての品目を取り扱っている。

次ページカインズの徹底したコスト管理
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。