カインズの品ぞろえは、ここまで徹底する

ホームセンター1位が持つ圧倒的な力の秘密

たとえば、新店舗の天井を50センチメートル下げる事で建築費と冷暖房費を年間1500万円もカット。さらに、既存店内の照明を蛍光灯2本からLED照明1本にして、年間なんと6億8000万円ものコストダウンに成功したケースもある。多くの企業で採り入れられている社員割引制度もなくしている。

独自の経営スタイルが生む豊富な便利グッズ

フード付きの服に適したハンガー
魔法のカリーポット。TBSテレビ『ジョブチューン 大人気店SP』は2月6日(土)よる7時56分~放送。カインズのほかユニクロ、イケア、マツモトキヨシなどを紹介します

「便利グッズ」の数々も人気の理由だ。特に目立つのがフード付きの服に適したハンガー。 なかなか乾かず生乾きの原因となってしまうフードを簡単に干せる。このほか、 食材、カレールー、水を入れて電子レンジで5分加熱するだけで美味しそうなカレーがあっという間に完成する「魔法のカリーポット」と呼ばれる商品なども人気が高い。

カインズはこうした便利グッズをカインズでは独自に年間9000点も開発している。といっても、商品開発のスペシャリストをそろえているわけではない。便利グッズの商品開発には社員だけでなく、パートの従業員もアイデアを出して開発に携わっている。

パート従業員には、働きながら子育て・家事をこなす主婦も多く、日常の小さな疑問・不便から生まれる消費者、主婦目線で本当に役立つ便利グッズを開発することができるという。パート従業員のモチベーション向上にも一役担っているはずだ。この独自の経営スタイルと社風が、圧倒的な品ぞろえの源泉にあるのだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT