女子高生が「公園ピクニック」に凝る深いワケ

「おしゃピク」を知っていますか?

【ケース1:地方でも手軽におしゃれさを演出できるおしゃピク】

和歌山県内の高校に通うAさんは学校の友達と“おしゃピク”をしたという。Aさんがおしゃピクを知ったきっかけはインスタグラムだ。人気投稿として表示されたおしゃピクをしている女子大生の写真を参考に、友達と計画したそうだ。

Aさんと友人たちは高校の近所にある芝生が広がる公園に、カラフルなお菓子や手頃なファストフードを持ち寄った。レジャーシートの上には大きなぬいぐるみや100均で買ったという小さな黒板を置いた。黒板にはグループのメンバーの名前やイラストが書かれている。これだけでも十分、従来のピクニックに比べてにぎやかな光景に見えるが、それだけでは終わらないのがおしゃピクだ。写真映りをよくするために、わざわざハンバーガーの包み紙を剝がしたり、飲み物もメイソンジャーに移し替えたり、と細部にまでこだわっている。

これらはSNS映えをよくするための工夫だ。インスタグラムをはじめとしたSNSはいまや高校生にとっても生活に欠かせないものとなっている。そして、SNSでたくさんいいね!がもらえることがステータス化し、学校におけるヒエラルキーにも影響する。

多少の程度の差こそあれ、それは都会でも地方でも変わらない。都会のようにSNS映えするスポットやイベントの少ない地域の高校生にとっては、おカネを掛けずに手っ取り早くSNS映えするイベントがおしゃピクともいえる。

おしゃピクの目的とは

Aさんにおしゃピクをする目的を聞いてみると、「自分がJKらしいことをしているという自己満足のため」だという。SNS上でいかに充実した高校生活を送れているかをアピールすることは、今の若者たちにとって欠かせない行動なのだ。

おしゃれさをより追求する点が、過去にはやった若者の「公園遊び」とは大きく違う点だといえるだろう。以前この連載で紹介した「公園遊び」は友達との仲の良さのアピールや、学生のうちでしか楽しめないことをすることが主目的であった。その場所として公園が選ばれる理由としては、おしゃれアピールをすることに飽きてしまったというものがあった。

しかし、今回紹介したおしゃピクは友達との仲の良さをアピールすることに加えて、おしゃれさもアピールできるという進化した形だともいえる。

つまり、「自分はおしゃれ」「自分は友達が多い」この2つが同時にSNSでアピールできるのだ。こうした「おしゃピク」は現在の若者がついつい、いいね!をしたくなるコンテンツとなっているのだ。

次ページ自分なりのおしゃれポイント
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT