松山英樹世代の新しい伝説が始まる

タイガー・ウッズに続け!

「彼はたくさんの可能性を持っている。ショットもいいね。彼が若いということがわかるのは、積極的にピンに向かっていって、外れることなんて考えてもいない。キャディーのジョーと話していたんだ。みんな歳を取るといろいろ考える・・・とにかくいろいろ。でも彼はそんな複雑なことは気にしていない。最高だね。彼が何かをつかむのは時間の問題だね」

これはタイガー・ウッズの、松山英樹に対してのコメントである。思えば、タイガーがマスターズ初優勝など、時代を塗り替えたのは20代前半。その若者も今では37歳(12月30日で38歳)になった。タイガーは、8月中旬のブリヂストン招待に優勝して生涯79勝を果たし、サム・スニードの持つ記録にあと3勝と迫った。そのタイガーが、今季もメジャーに勝てないでいる。

面白いデータがある。37歳という年齢で区切ってみると、プロ転向後メジャー大会63試合に出場して優勝が14回。そしてジャック・ニクラウスの37歳(1977年)と比較すると、プロ転向後メジャー大会63試合に出場して、やはり14勝とまったく同じ記録なのである。メジャー大会に勝つというのが、どれほど大変かということと、やはり年齢を重ねて勝ち続けることの精進、努力がどれだけすさまじいことかということがわかる。ちなみにニクラウスがメジャー15勝目を果たしたのは、翌78年の全米オープンだった。

松山は、幸運にもそんなタイガー・ウッズと一緒の組で2日間プレーした。その2日目にタイガーは、61というスコアでホールアウトした。そのゴルフを目の当たりにした松山は「次元が違う」と言ったという。

僕は、松山英樹という選手ならば、日本人選手として、やがて世界のメジャータイトルを獲ってくれると思っている。彼が、今21歳という若さでタイガーをはじめ世界一流選手、それもウィナーズサークル(つねに優勝争いをする常連選手たち)の選手と一緒に戦う経験をしていることが、とても大きな刺激材料になると思う。

松山に対する期待感が大きいのは、「次元が違う」と言って自分の枠を閉じてしまうのではなく、ならば自分はどうすればいいのか、という貪欲さと、人一倍速い吸収力を持ち合わせているからだ。事実、今季の全米オープンのときに「パッティングの調子が悪い」と言いながら、すぐに修正できたし、全英オープンのときは「歯が立たない。どこを狙ったらいいのか見当がつかない」と言っていた練習日の翌日には、しっかりと学習能力を発揮して、自分の攻略ルートを見つけ出した。

僕たちはタイガー伝説を目撃し、今度は、松山英樹世代の伝説を目撃できるかもしれない時代にいる。ちょうどこのコラムが500回目となる節目に、新たな伝説が始まろうとしている、と思いたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT