「安部公房とわたし」の真実

女優・山口果林に聞く大作家の実像

――本ができると、いつも本にサインをして贈られていた。

学生時代は本名の「静江君」、その後は「果林君」「果林」という宛名付きで。全部とってあります。私とのおつきあいを証明する唯一のものかもしれない。

――本にもその写真が載っていますね。当時の手帳を写した写真もありますが、これがなんと能率手帳なんですよね。女優さんですし、エルメスの手帳でもお使いなのかと思いましたが…(笑)。

ブランド品への執着がまるでないの。50歳になってフルートのレッスンにトライしようと、折り込み広告にあった無料体験に申し込んだら、友人たちに「恥ずかしくないの」なんて言われるんですが、こだわりがないんです。

新しいモノへのアンテナを持っていた

――安部公房さんも、服装には無頓着だったことが書かれています。メルセデスベンツに乗っていた当時、「高級旅館に予約なしで飛び込んでもほとんど断られないところが良い」と言っていたそうですね。そのあたりも似ていた…。

安部公房さんは若い頃、ラリーに出ていたというほどクルマ好きなんですよね。お父さんもそうだったと聞きました。マセラティ、ランボルギーニについて「ああいうクルマは運転席からたばこが地面で消せるらしいよ」なんて話すんですが、乗りたい車だとは言っていなかった。

――主な関心は、ちょっとおもしろい小物とか、そういうものに主に向いて。

そうですね。「モノ・マガジン」が大好きでした。カメラ雑誌やクルマ雑誌も。

安部公房スタジオがアメリカ公演をしたときに舞台上で布を使ったのですが、それはとても画期的だったそうです。ちょうどよく伸びる新しい素材が出てきた時代だったんですよね。それをいち早く手に入れて……。その後、海外の舞台で使わるようになったそうです。それも、新しいモノへのアンテナを安部さんが持っていたからだと思う。

次ページ安部公房と結婚していたら?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT