高校生が評価した「大学イメージ」ランキング 青学はおしゃれ、慶応は就職、近畿は発展性

✎ 1〜 ✎ 317 ✎ 318 ✎ 319 ✎ 最新
拡大
縮小

まず、「教育方針・カリキュラムが魅力的な大学」で1位になったのは、関東エリアが早稲田大学、東海エリアが慶應義塾大学、関西エリアが近畿大学だ。各大学が積極的にアピールしている教育方針やカリキュラムだが、1位の学校でも20%を超えることはない。高校生にとって教育方針の評価は固まっていないのが実状だろう。関東エリアでは順位に大きな変動はないが、東海エリアや関西エリアではトップ10の入れ替わりが目立つ。

「校風や雰囲気がよい大学」の1位は、関東が2年連続で早稲田大学、東海が南山大学、関西が同志社大学。それぞれのエリアの名門私大がトップに立った。トップ10内は順位の変動があるものの、顔ぶれはあまり変わっていない。校風や雰囲気は長い年月をかけて、評価が定まっていくため、順位の変動も少ないと思われる。

大学のグローバル対応が叫ばれる中、高校生がどんな大学を「国際的なセンスが身に付く大学」と見ているかは、要注目だろう。結果は1位すべてが昨年と同じ大学となった。関東は上智大学、東海は南山大学、関西は関西外国語大学だ。外国語大学やスーパーグローバル大学に選ばれる学校がトップ10に入っている。

就職に有利なのは東大、阪大、慶応

「学校が発展していく可能性がある大学」では、関東と東海がともに早稲田大学が1位となった。関西エリアは、近畿大学が33.3%と、3人に1人が選んでいる。国際学部の設置やキャンパス整備計画など、矢継ぎ早の改革を見て、今後も発展していく可能性があると評価しているのだろう。

「就職に有利な大学」として、高校生はどんな大学をあげているのか。結果は、関東エリアが慶應義塾大学、東海エリアが東京大学、関西エリアが大阪大学となった。ベスト10の顔ぶれは昨年とあまり変わっていない。国立大学が目立ち、関西はトップ4までを国立大学が占めている。

「クラブ・サークル活動が盛んな大学」は、全エリアでトップ10がすべて私立大学となっている。早稲田大学青山学院大学慶應義塾大学の名前が全エリアで上位に入っているほか、近畿地区では近畿大学同志社大学が上位に名を連ねている。

「おしゃれな大学」では、青山学院大学が関東、東海で1位、関西でも2位になっている。「青山」という校名、渋谷にあるキャンパスという点から、「おしゃれ」と思う高校生が多いのは不変なのかもしれない。

最後は「個性的な大学」。芸術系の大学がトップ10にランクインしているが、東京芸術大学東京大学が各エリアで上位となっている。

次ページ「教育方針」「校風」がよい大学ランキング
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT