「幕末、最強の剣士」は結局のところ誰なのか

「坂本龍馬、沖田総司、高杉晋作…」総合力は?

Q6. 幕末の剣術家にはどんな人がいますか?

まずは、私たちがよく知る人物の中から、実は相当な「剣の達人」だった人物を挙げてみましょう。

本当は剣も強かった、意外な「あの人」

【拳銃を持ったサムライ】坂本龍馬 1836-1867 北辰一刀流 土佐国高知

寺田屋での遭難などから、龍馬は「拳銃使い」のイメージが強く、現在、土佐の海辺に建立されている有名な「坂本龍馬像」も、懐に「ピストル」を持っている像という説もあります。

しかし、龍馬は剣術にも長けていました。彼は土佐を脱藩する以前、剣術修行のため何度か江戸に赴いており、桶町千葉道場で「北辰一刀流」を学びました。

彼の実力を物語る証しとして、彼が道場で塾頭を任されていたことや、道場主の娘と結婚を許されていたことのほか、近年では北辰一刀流の免許皆伝もほぼ実証され、剣術家としての力量も十分にあったようです。

【総理の過激な前歴】伊藤博文 1841-1909 神道無念流 周防国束荷

初代内閣総理大臣として誰もがその名を知る伊藤博文も、幕末期における彼の活動や剣の使い手だった過去については、あまり知られていません。

萩の松下村塾で学んだあと、江戸に出た彼は「神道無念流」に入門し、剣術の腕を磨きました。

国内での尊王攘夷運動が活発になると、彼自身も国学者の塙忠宝(はなわ ただとみ)、歌人の加藤甲次郎の暗殺ほか、同志の高杉晋作らとの英国公使館焼き討ちや、高槻藩士・宇野東桜の暗殺などといった過激な行動をしています。

【臆病者は仮の姿】木戸孝允 1833-1877 神道無念流 長門国萩

明治の政治家として知られる木戸は、桂小五郎と名乗っていた幕末期の京都での潜伏活動などから、「逃げ回る人」のイメージが一般に定着しています。

しかし、実際の彼は「神道無念流」の免許皆伝であり、「幕末江戸三大道場」のひとつと呼ばれた同流練兵館道場に入門すると、1年で塾頭になった実力者です。

彼が得意の上段に竹刀を構えると、その気迫に圧倒される相手が続出したといわれています。しかし、晩年はいろいろと病に悩まされます。

【自ら戦う軍師】高杉晋作 1839-1867 柳生新陰流 長門国萩

長州藩の倒幕運動を主導し、身分を問わない志願兵による奇兵隊の結成や、第2次長州征伐では海軍総督として幕府軍を敗走させるなど、いわば「天才軍略家」といったイメージが浸透しています。

もちろん、彼自身も剣術を極めており、「柳生新陰流」の免許皆伝のほか、江戸留学中は神道無念流を学んでいます。

【日課の居合いは1日1000本】福澤諭吉 1835-1901 立身新流 豊前国中津

蘭学者、著述家、啓蒙思想家、また教育者として慶應義塾を創設するなど、日本の近代化への一翼を担った「学者」として誰もがよく知る福澤諭吉。彼も優れた剣士でした。

彼は若いころから「立身新流」の居合いを学び、成人のころには免許皆伝となり、その甲斐あって、幕末期に何度か遭遇した「暗殺の危機」を脱しています。

維新後も、彼は晩年に至るまで、「1日1000本の居合い抜き」を日課としていました。まさに「文武両道」を自身で体現した人物といえます。

次ページ「実戦で強かった」のは誰?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT