IT後進国よ、結局ネット選挙で終わるのか

ネット選挙はオワコンである

新世代リーダー予備軍とも言える10代の優秀な若者は、どんな未来を描いているのか。「スーパーIT中学生」「スーパーIT高校生」として早くから独自の道を切り拓いてきたデジタルクリエーターの灘高生が、未来予測を発信。ITや政治、経済、教育、ときにはアイドルや女の子ネタまで、感度の高い移り気なアンテナがキャッチするまま書き連ねる。

 

今週のTehuの言葉   「ネット選挙はオワコンである」

これまでの選挙が古すぎた  

前回は、参議院選挙をテーマに参議院の存在意義について論じました。 

18歳の若造に言われたくないわ」とムッとされた方もいるかもしれませんが、引き続き、選挙ネタでいかせていただきます。この連載コラムが「スーパーIT灘高生の未来予測」と銘打つからには論じないわけにいきません。

今週は、解禁された「ネット選挙」について。 

子どもの頃からネットに触れてきたボクら高校生にとっては、「で?」と一蹴してしまう程度の内容でした。21世紀の日本で初の「現代的選挙」であったと言えますが、これまでが古すぎたのです。 

そもそもネット選挙という言葉自体が適切ではありません。単に規制を緩和しただけです。これまでの公職選挙法でネット使用が禁止されていたのは、公選法で法定のポスター・ビラ・ハガキ・新聞広告以外の文書図画の配布を禁止されているからであり、ウエブサイトツイッターで表示される画像や文章もこれに該当するためです。 

ではなぜ配布が制限されているかというと、お金持ちが有利になるのを防ぐため」らしいです。つまり、資金の潤沢な候補者が宣伝広報活動に金をつぎ込むことで公正な選挙が行えなくなるのが問題というわけです 

しかし、ネットはお金がほとんどかかりません。だから、ネット規制公選法の本来の目的からはズレており、それがネット選挙解禁運動の根拠なっていました。そして超党派議員たちの長きにわたる努力の末、晴れて解禁となったのです。 

ネット選挙解禁の目的は2 

ネット選挙解禁の目的と期待された効果は2つあります 

一つは、前述の問題点を解決し、財力や地盤などにとらわれない選挙戦を展開すること。もう一つは、国民が最も政治に興味を持つ約2週間の間に、立候補する政治家を交えて、国民が主体となった議論と判断ができること。 

参院選公示前は期待に満ちあふれた報道でなかなかの盛り上がりでしたが、実際どうだったでしょうか。 

次ページすずかんが落選し、山本太郎が当選した理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT