IT後進国よ、結局ネット選挙で終わるのか

ネット選挙はオワコンである

これも一つの民主主義の姿

以上からネット選挙の教訓は2 

①自分が動くのではなく、ユーザーを動かせ

②ユーザーに「と認識されたら勝ち目はない 

一部の人は、これがネット選挙の問題点だと指摘します。 

しかし、ボクの見方は違います。ネットとはそういう性質のものだという事実は、ネットを日常的に使っている人なら知っていることです。これも一つの民主主義の姿なのです。不正選挙でない限りネット世界の意見重要であり、万が一それによって現実世界での意見いたとしても、それは起こるべきして起こるものではないでしょうか。 

ネットのそういう性質をいまさら非難するのなら、日本のネット選挙はすでにオワコンです。 

ボクはネット選挙の問題点は、その性質ではなく、まだ不完全なところにあると考えています。ネット選挙には、最初に述べた2つの目的以上に、大事な使命が託されています。そしてれは既存の議員たちによって語られることはまずないので、来週のこの連載で思う存分語らせていただきます

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT