安倍首相のオーラは国際社会でも陰っている

G20ではメラニア夫人の「内助」が光ったが…

「オープンフェイス」とは、両眉を自然に上げて、文字どおり顔の面積を広げることだ。日本的な描写をすれば、ビックリした表情にも見える。ウォール街の訴訟弁護士の間で常識になっていることだが、その表情は、ごく素直に心の底から出てくる「いい顔」「最高に正直な表情」とされる。

メラニア夫人から直接ノウハウを学んだトランプ氏は、国際舞台の主催国ドイツのメルケル首相に、その「オープンフェイス」をさせるのに成功したのだ。

安倍晋三首相のオーラが陰ってきた

トランプ氏はコンサートホールでも本領を発揮した。ケント・ナガノ氏の名指揮者ぶりに、会場全体が拍手喝采を送っている最中に、トランプ氏はメラニア夫人を挟んで左隣にいる韓国の文在寅大統領の手を持ち上げ、両者の握手を会場全体に見せて、喝采に花を咲かせた。この派手な振る舞いには、すぐうしろにいるメルケル首脳や習近平主席も「オープンフェイス」で大喜びした。

国際映像で最も頻繁に大写しとなった各国首脳たちは、主催者のメルケル首相を別にすれば、トランプ大統領、プーチン大統領、習主席、マクロン大統領らで、安倍首相はそれほど目立たなかった。安倍首相のオーラが陰ってきているのは、日本だけでないのだ。国際的な場面でも森友学園・加計学園スキャンダルが影響している。

グーグル米国版では、連日、「モリトモ」「カケ」が取り上げられ、昭恵夫人の名も具体的に言及されている。このスキャンダルが米国でも頻繁に報じられたダメージは大きい。昭恵夫人が「内助の功」を発揮することができなかったのは、何とも皮肉である。

安倍・トランプ会談後の記者会見では、安倍首相が日米関係の「ロバスト・パートナーシップ」という表現を使ったのは見事だった。ただ、両者の握手は、以前の19秒から3秒足らずで終わった。熱々だった日米首脳関係が冷めてきた証であろうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 財新
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。