インターママが学校に注ぎ込む「投資」の実態

ナゾのパーティ「ガラパーティー」とは何か

自身のメイクアップした姿を想像したのだろうか。ドレスの写真を見せながら、美沙さんは取材班にこの日一番の笑顔を見せた。

美しいシルエットのロングドレスは、美沙さんの健康的に引き締まったボディラインを間違いなく引き立てるだろう。

彼女の笑顔に一瞬つられた取材班だったが、やはり拭えぬ違和感を感じてしまうのだった。

思い出して欲しいのだが、今夜美沙さんが出かけるのは、ブランドのレセプションパーティではない。子どもの学校行事なのである。

学校行事のドレスコードが、“マンハッタン・ナイト”とは…。

やはりインターは、日本にあって日本ではない文化圏なのだ、と思い知らされる。

子どもたちが描いた絵が数十万に

――ちなみにガラパーティーでは、具体的に何が行われるのでしょう?

未知の世界すぎて、取材班には想像もできなかった。一体、どのようにして莫大な寄付金を集めるのだろうか?

すると美沙さんは悪戯っぽい表情で、ガラパーティーの驚愕の実態を教えてくれた。

「まず、カジノテーブルがあって」

取材班は、耳を疑った。しかし美沙さんは、楽しそうに話を続ける。

子どもたちの描いた絵なども出品され、親が数十万で買う(写真:東京カレンダー編集部)

「あとは、オークション。相撲部屋に遊びに行けるチケットや、プロゴルファーとラウンドできるチケット、アーティストと同じ舞台に立てるチケットなどを、父兄が競り落とすんです」

――カジノにオークション!?

想像を上回る、ガラパーティーの実態。取材班が言葉を失っていると、美沙さんはさらに驚きの出品物があることを教えてくれた。

「オークションには子どもたちの描いた絵なんかも出品されるのだけど、親たちがそれを数十万で買うのよ」

――子どもの描いた絵に、数十万!

自分の子どもの描いた絵だったとしても理解できるとは言い難いが、他人の子どもの絵にも数十万……?!

次ページなぜインターに通わせているのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT