ネット物流を救う秘策は、「急ぎません便」だ

吉田類の酔いどれ時事放談

吉田類が提案する、視点を変えた新サービスとは?(撮影:大澤 誠)
一緒に飲んだ人、そしてテレビを観る人皆を、なんだか幸せな気分にしてくれる"偉大なる酔っ払い"吉田類。酒場を愛する粋な詩人の目線で、基本はおおらかに、時に厳しく、混迷する日本や世界情勢について語ります!(やはり酒を片手に)
今回は飲食店の全面禁煙化と宅配会社のキャパオーバーについて。

Q.飲食店の全面禁煙、吉田類はどう見る?

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

「ただ禁じるよりも表示義務をしっかりと!」

――厚生労働省が、健康増進のための「受動喫煙防止策」の一環として、病院や官公庁などは敷地内または建物内禁煙。飲食店など喫煙室の設置可能な場合は建物内を禁煙とする改正案を公表しました。

そうだね。個人的には大いに歓迎するよ。

――とはいえ、飲食店は規模も多岐に渡るし非現実的ですよねえ……。というわけで、バーやスナックなど小規模な酒類提供のお店、あとシガーバーなどは、妊婦や未成年者の利用が想定しづらいということで、規制の対象外にする見込みだとか。酒場の線引きも難しそうですね、これ。

:そうだね。『酒場放浪記』でいろいろなお店にお邪魔しているけど、広さや構造、立地など、それぞれ事情があるからねえ……。

――類さん、以前「昔はタバコを吸っていた」と仰っていたけれど、もうすっぱり吸わなくなって久しいですよね。

:むしろ今は、煙は少し苦手。だから番組の収録時は、喫煙可能な店でも周りの方にご遠慮いただいていますね。咳が出ちゃって、うまくしゃべれなくなるのでご協力をいただくこともあります。

――煙を吸う=まさに受動喫煙ですものね。私も、年々煙の臭いが辛く感じているのですが、その一方で、居酒屋さんやバーでおいしそうにタバコを吸いながら盃を傾ける諸先輩方の姿が見られなくなるのはちょっとさびしい気がしたり。複雑です」

:全面禁煙にすると売上が落ちてしまう、というお店もあるだろうし、だからといって分煙対応はスペースの問題などで難しいところもたくさんあるよね。もっと現実に即した形で推進してほしいな。

次ページゆっくりだけど、真心を込めて、では?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT