イヌのインターネット化は、ここまでやれる

ソニーMESHは、かなりスゴかった

最後に、寝ているイヌちゃんの写真を撮るためにスマートフォンを設定すれば、「イヌのインターネット化」システムの完成だ。果たして、うまいこと動作してくれるのだろうか?

ITよりも「モノづくり」のセンスが問われる?

結果をご報告すると今回の「イヌのインターネット化」は、現状で自己評価60~80%くらいの完成度となっている。

プログラムに関しては、寝ている状態を判定する「時限装置」(前回の記事参照)を解除する振動センサーの指定に課題が残った感じだ。センサーを敏感にしすぎると、かすかな動きでも反応してしまうし、反対に鈍くすれば時限装置を解除してくれない。このあたりは、様子を見ながら最適な設定値を見つけるしかないだろう。

それよりも大きめの課題となるのが、「イヌのインターネット化」用特製首輪の工作面だ。装着当初はいい感じで「お弁当を背中にしょってる」状態になっているのだが、気が付くと……

こんな感じの、まるで「ウイスキーをぶら下げてるセントバーナード」みたいな姿になってしまうのだ。とはいえ、この状態は「お弁当」の正反対なので、実はセンサーは背中側にあるときと同様に働いてくれる。だったら最初からセントバーナード状態での運用としてしまってもよいのだが、この状態だとさすがに若干、イヌちゃんの居心地が悪そうなんですよね。首輪をキツめにすればズレないのだろうが、それも明らかにイヌちゃんには不愉快だろう。イヌちゃんの快適さを維持しつつ、「動きタグ」が理想的な位置をキープするための工夫は、まだまだ続ける必要がありそうだ。

次ページ別の端末が必要なことに気がついた!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。