イヌのインターネット化は、ここまでやれる

ソニーMESHは、かなりスゴかった

指定した文章がメールで送信される

準備が完了すると「Gmail」のタグが利用できるようになる。ここでメールの送信先と件名、送りたい文章を入力すれば設定は完了だ。「カメラタグ」とコネクタで接続すれば、写真を撮った後で指定した文章がメールで送信されるようになる。

ただし、残念ながら今回は撮影した写真をメールで送信することはできなかった。筆者が見つけられなかっただけなのかもしれないが、どうやら、現時点でメールに添付書類をつける機能は用意されてないみたいである(メーカーに確認したところ、今後のアップデートで対応する予定があるとのことでした)。とはいえイヌちゃんが寝ていることが、離れた場所でわかるだけでも十分以上に感動的。なんといっても、自力でここまでプログラムできたんだから、ひとまず「オレって偉いし凄い!」と自慢しても良いのではないだろうか。

さて、これでプログラムの工程が完了となったが、「イヌのインターネット化」実現のためには、最後に完成した装置をイヌちゃんに装着するという工程をクリアしなければならない。

次ページお裁縫感覚が問われる工程へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。