イヌのインターネット化は、ここまでやれる

ソニーMESHは、かなりスゴかった

指定した文章がメールで送信される

準備が完了すると「Gmail」のタグが利用できるようになる。ここでメールの送信先と件名、送りたい文章を入力すれば設定は完了だ。「カメラタグ」とコネクタで接続すれば、写真を撮った後で指定した文章がメールで送信されるようになる。

ただし、残念ながら今回は撮影した写真をメールで送信することはできなかった。筆者が見つけられなかっただけなのかもしれないが、どうやら、現時点でメールに添付書類をつける機能は用意されてないみたいである(メーカーに確認したところ、今後のアップデートで対応する予定があるとのことでした)。とはいえイヌちゃんが寝ていることが、離れた場所でわかるだけでも十分以上に感動的。なんといっても、自力でここまでプログラムできたんだから、ひとまず「オレって偉いし凄い!」と自慢しても良いのではないだろうか。

さて、これでプログラムの工程が完了となったが、「イヌのインターネット化」実現のためには、最後に完成した装置をイヌちゃんに装着するという工程をクリアしなければならない。

次ページお裁縫感覚が問われる工程へ
関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。