理系っ子ガジェット「MESH」は何がスゴイのか

週末は我が子に一目置かれる存在になろう

はたして、そうしたハイテク・ガジェットを使えば、オッサンでも本当にプログラミングやIoTの概念を理解することができるのか? 当連載を通じ、体当たりでチャレンジしてみたいと思う。まずは、グッドデザイン賞など数々の賞を得た、話題のガジェット「MESH™」(以下「MESH」)に挑みます。

そもそも「MESH」って、何ができるのものなのか?

「MESH」とは、ソニーから発売されている、スマートフォンやタブレット端末と組み合わせて使う電子ブロックのようなガジェットだ(電子ブロックにチャレンジした連載はこちら)。

現在、7つの“MESHタグ”が発売されており、それぞれ「ボタンタグ」「人感タグ」というように、個別の役割を持っている……という説明だけでは、まったく意味がわからないと思うので、“MESHタグ”がどのようなモノなのか、実際に使ってみることにしよう。

たとえば「ボタンタグ」と呼ばれる緑色のMESHタグ(5980円・税込)がある。

これは「ボタンが押された」という情報を伝える機能を持つタグだ。情報は、無線(Bluetooth)経由でスマートフォンやタブレット端末に送信される。送信された情報を、どのように処理・動作させるかのプログラミングは、端末にインストールした「MESHアプリ」(無料)で簡単に設定できる。

次ページ身近なモノを“IoT化”するMESH
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。