悪質!ネットで広がる「新手の詐欺」の実態

アマゾンのニセ出品に、有料サイト架空請求

手口は、なかなか巧妙。

大手動画サイトDMMをかたった架空請求メールの一部。記載の番号への折り返しはダメ・ゼッタイ

「1回クリックしても反応しない。あれ? と思ってもう1度試しても何も起こらない。3回目で“契約ありがとうございました”と表示が出る。実は、画面の下のほうに目立たないような小さな字で、3回クリックしたら入会になる旨が規約として書いてあるんです」

えっ! じゃあ、気づかなかったこちらに過失が?

「いくら規約に書いてあっても、誤解を与えるような契約は無効なので、基本的に無視していい。間違っても、焦って画面に出てきた“誤ってクリックしてしまった方はこちら”“キャンセルしたい場合はこちら”と書かれている電話番号にかけてはいけません。かけると“あなたの電話番号がブラックリストに載ってしまう”“訴訟を起こす”などと脅されます

詐欺師の目的は、電話をかけさせ、個人情報を奪ったり、お金を巻き上げたりすることにあるのだ。

「架空請求がメールなどで届く場合も同様です。放置して大丈夫。いずれメールは来なくなります」

検索サイトで「ワンクリック」と入力すると上部に表示されるリンク先の中には、実質的に不可能なはずの詐欺解決を謳う怪しいサイトも(写真:三上さん提供)
検索サイトで「ワンクリック」と入力すると上部に表示されるリンク先の中には、実質的に不可能なはずの詐欺解決を謳う怪しいサイトも(写真:三上さん提供)

被害者につけ込む「相談詐欺」

失意の被害者につけ込んで、二重に騙す「相談詐欺」をはたらく輩(やから)もいる。

「詐欺に引っかかったと気づき、対処法や相談先をネットで検索すると、“請求トラブル解決します”などと謳(うた)う法律事務所や探偵事務所の広告が表示されます。この中に、悪徳業者が潜んでいるんです」

次ページ「ショッピング詐欺」もより巧妙に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT