グーグルの「反競争的慣行」とは何なのか

EU当局が目を光らせているワケ

 6月28日、EUの反トラスト当局が米アルファベット傘下のグーグルに対し、過去最高の24億2000万ユーロの制裁金を要求した今回の決定は、グーグルにとってより重要なスマートフォンやオンライン広告といった分野でも改善を命じられる可能性を示している。写真はグーグルのロゴ。米マサチューセッツ州で27日撮影(2017年 ロイター/Brian Snyder)

[ブリュッセル/フランクフルト 28日 ロイター] - 欧州連合(EU)の反トラスト当局が米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルに対し、過去最高の24億2000万ユーロの制裁金を要求した。同社のショッピングサービスにおける反競争的慣行が理由だが、今回の決定は、グーグルにとってより重要なスマートフォンやオンライン広告といった分野でも改善を命じられる可能性を示している。今後のグーグルの事業活動に何年にもわたって影響を与える恐れがありそうだ。

長期にわたって監視対象に

グーグルにとって最も手痛い打撃は、実は今回の制裁金ではなく、EU当局が、グーグルに対して要求している問題への対応の仕方にある。小手先でどうにかなる類のものではないからだ。

グーグルが規制上の制約から自由になるためには、前提としてグーグルは他社により事業が著しく侵害されていることを示さなければならない。欧州委のベステアー委員(競争政策担当)は、グーグルが優越的な地位を乱用することがないよう、長期にわたって監視対象とする考えを表明している。

エンダース・アナリシスのデジタルメディア・オンライン広告アナリスト、マッチ・リッツネン氏は「グーグルは(当局から)通告を受けるだけで、今後の戦略上の選択肢を制限される可能性がある」と指摘する。

EUは2004年に、米マイクロソフト<MSFT.O>が同社の基本ソフト(OS)「ウインドウズ」などを巡り、市場における優越的な立場を乱用したと判断。そのことが約10年にわたって、同社がオンライン広告といった新規分野で急拡大する妨げとなり、グーグルの興隆に道を開いたとされる。

次ページ規制当局の限界
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。