「ママでもエース」の営業女子は何が違うのか

時短勤務でも「売れる」働き方の秘密を大公開

また、営業だからこそ得られるメリットもあります。まず、直行直帰ができて、時間のコントロールができること。さらに、成果が見える仕事なので、やりがいを感じやすいこと。子育ては日々、我慢することも多く、成果が目に見えにくいものです。営業の仕事は目に見える成果がモチベーションになり、仕事と生活のバランスが取れているといいます。

リクルートエグゼクティブエージェントの転職エージェント、森本千賀子さんによると「市場価値の高いビジネスパーソン」の条件は4つあるといいます。

① 情報ソースを豊富に持っている(タイムリーに旬な質の高い情報を持てている)
② データ収集のみならず、数字からマーケティングを読み取る分析力を持っている
③ 幅広い外部リソース、パートナーをもっている
④ ITツールや知見を活かして、どこでもいつでも情報を取り出せたり、加工したり、提供したりすることを実践している 

以上の4点は、今回取材した草野さんと丹尾さんの働き方に見事に合致します。

顧客に尽くすだけが優秀な営業の条件ではない

「ママになると、営業は不利なのではないか」「融通が利かなくて顧客の役に立てないのではないか」。そんなふうに不安がる声を幾度となく聞いてきました。しかし今回お2人を取材してわかったのは、「旧来のやり方にとらわれなくても、成果は出せる」という事実です。

今までは、顧客に振り回されても、顧客のために尽くすことが営業の本領のように考えられていました。「あなたから買いたい」と言われることは、営業としてモチベーションになる一方で、自分だけで仕事を抱え込んでしまい、長時間労働を引き起こしかねない要因にもなりえます。旧来のやり方にとらわれて「できない」とあきらめる前に、周りを巻き込んでできる工夫を一緒に実践していくことで、新しい勝ちパターンを模索する時代に入ってきたのではないでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。