「ママでもエース」の営業女子は何が違うのか

時短勤務でも「売れる」働き方の秘密を大公開

そこでワインも、単に高級なものでなく、オーガニック系などこだわりのあるもののコーナーを充実させ、情報を提示する工夫を提案。その結果、来店客数は好調だったといいます。

「心掛けているのは『消費者の生活を提示する』こと。具体的な消費者をイメージして、生活者の独り言を妄想します。たとえば『今月も家計の収支はギリギリだけれど、週末はママ友達と一緒に持ち寄りランチ会をしたい』というふうに」

この「独り言」を生かした提案をすることで、好評を得るそうです。「単にデータを送るだけでは生の声は届きません。証拠であるデータとともに、主婦営業ならではの感性を一緒に送っているので、説得力を高められていると思います」。

駅の花壇に座ってPC作業。スキマ時間は余さず活用

さらに、限られた時間の中で効率的に成果を出すために活用しているのが、ITの力です。

「子どもがいるので、昔のように顧客のもとに足しげく通ったり、夜遅くまで打ち合わせしたりすることはできなくなりました。だからといって、かかわりが薄くなってはいけません。メール、電話、リモートワーク体制を使いこなしています」

ITの力を使えば「スキマ時間」も有効に活用できるといいます。「電車に乗るときは、必ずPCを開いています。先日も、駅の隅の花壇に座ってPCを開いて作業していました(笑)。カフェに入るのも惜しいようなスキマ時間でも、工夫すれば作業をひとつ終えられます」

子どもとの時間を優先するため、仕事は必ず定時に終えて残業はゼロ。週末は仕事をしません。子どもが病気になったときなど、職場のリーダーやメンバーのフォローを受けるために、丹尾さんが大切にしているのが「日報」です。

「通常は顧客先への訪問記録程度に終わるかと思いますが、私の場合は『この顧客とはどこまで話が進んでいる』など事細かに書いています。すると何かあったときも他のメンバーに代わってもらえるんです。

いざというときにフォローしてくれる社内の信頼関係は、何よりも大切なものだといいます。「周りにはつねに感謝を伝えるようにしています。以前は、営業という仕事に対して『これは私しかできないだろう』というプライドがありました。しかし、今となってはチームでやれることはたくさんあるのだと気づきました。営業は孤独ではなく、チームみんなで進むことができる仕事です」

「担当するときは、初めに『17時半以降は電話がつながりにくくなる。緊急時はリーダーに電話してください』とお願いしています。初めこそ、顧客から『使えない』と思われるのではないかと不安でしたが、初めの段階できちんと説明をすれば、向こうも理解をしてくれました」

今でこそ家庭と仕事をきっちり両立させている丹尾さんですが、子どもが生まれた当初は「復職してもママで営業なんてとても無理」と思っていたそうです。ただ、取引先や社内など、周囲の理解に助けられてきました。

次ページ営業だからこそのメリットもある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT