佐藤琢磨「自ら挑戦しないと運はつかめない」

日本人で初めてインディを制した男の真実

:自転車競技から、レースの世界に入るきっかけとなったのは何だったんですか?

佐藤:たまたまレースの専門誌をみていたら、「鈴鹿サーキットレーシングスクール」の生徒募集案内のページが目に飛び込んできたんです。詳細を調べると“20歳までの入校に限る”って書いてあって。そのとき僕は19歳でしたから、翌年の入校が年齢制限ギリギリで、これはもう自分のためにあるようなもんだ、いくしかない! と。雑誌をみながら興奮しましたね(笑)。

:確かに「こんな道があったんだ!」ってなりますよね。一気に道が開けたような感じで。

佐藤:そうですね。自転車界から急に転身したように思われているようですが、自分の中では、これが本命でした。もともとずっとやりたかったレースの世界へようやくたどり着いた、いるべきところに戻った、っていう感覚なんですよね。

何もしなければ100%落とされる状況

:「鈴鹿サーキットレーシングスクール」には、すんなり入れたんですか?

佐藤:いえ、スクールの定員7人に対し70人の応募がありました。しかも、合否の決定は書類審査。まわりを見渡せば、レーシングカートのヨーロッパ選手権に参戦している子や、全日本カート最高峰クラスのチャンピオンもいるわけです。つまり冷静に考えれば、まったく経験もなく年齢もギリギリの僕は、書類だけだと100%アウトだと気づいたわけですよ……。これはマズいと思って、試験前に行われる説明会の質疑応答の際に「とにかく1分でいいから話を聞いてほしい」と、面接を嘆願したんです。

:かなり斬り込みましたね。でもそう簡単にはいきませんよね?

佐藤:僕も正直、どうなるかわかりませんでしたが、何もしなければ100%落とされる状況だったので、もう必死で。そしたら審査員側が協議してくれて、希望者は面接できることになったんです。

:ほかの受験者はザワつきますね(笑)。

佐藤:まわりは「何だあいつ」っていう感じでしたが、僕だけが「やった!!」って。1人で燃え上がっていたので、当然、その熱意は面接官に伝わりました。ふたを開けてみると、僕が唯一、モータースポーツ未経験者で入校できることになったんです。

:面接では、何か作戦があったんですか?

佐藤:純粋に「大学も自転車もすべて捨てて、これまでできなかった分、スクールで思い切りやりたいです。チャンスをください」と。それと、募集要項にはなかったのですが、履歴書とは別に、自分がどれだけレースが好きかという作文を勝手に送りつけて。

:それを読んでもらえたんですね?

佐藤:はい、読んでくれていた人が、面接官だったんです。「君が佐藤くんか、自転車はどう?」と。すごくうれしかったですね。

次ページ初っ端から存在感を示す
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。