佐藤琢磨「自ら挑戦しないと運はつかめない」

日本人で初めてインディを制した男の真実

:人生を変える大きな意思決定をされたわけですね。

佐藤:そうですね。ドライバーとしていい経験を積んだ状態で、年齢的にも脂の乗っているいい時期に、何もできず、何で指をくわえて見てなきゃいけないんだ、と。

:インディカー・シリーズは、もともと興味があったんですか?

佐藤:実は、F1よりも前から知っていました。でも、テレビでしか観たことがなかったので、一度実際に観てみようと。そしてインディアナポリスを訪れたときは、それこそ、10歳の頃にF1を観たとき以来の衝撃を受けました。というのも、“F1を経験しているんだから、スピードに対する驚きなんてほかではありえない”と思っていたのですが、インディカーのスーパースピードウェイのコースでは、390kmも出ている状態で、減速しないでコーナーに突っ込んでいくわけですよ。「この人たち頭おかしいんじゃないの? ちょっと俺にはできないかも」と思ったくらいの衝撃でした。

:もうそれで、一気に火がついたと。

佐藤:はい。インディ、スゲェな! って。誰にでもチャンスがあるというのも魅力的ですし、オントラックのパフォーマンスも非常に面白いなと。「あ、こういう世界があるんだ」っていうのは、やはり目で見て、耳で聞いて、空気に触れて、リアルに体験しないとわからないですよね。今はネットやスマホで何でも見られる世の中ですが、リアルな体験こそが重要だなと思います。実際に自分の価値観や考え方がガラリと変わって、運命すら変わるのを目の当たりにしました。

:劇的な変化を経験した琢磨さんが、これから目指すものにすごく興味があります。

佐藤:インディ500(アメリカのインディアナ州で開催される500マイルレース)の制覇と、インディカー・シリーズのチャンピオンが夢ですね。今年(2017年)40歳を迎えるんですけど、まだまだ現役でやりますよ。

自分から動き出して世界をつくっていく

:日本の良さみたいなものについては、どう思われていますか?

佐藤:1度でも海外で生活してみると、いかに日本がすばらしいかってことに気づきます。たとえば白いご飯とみそ汁が、どれだけおいしくて大切なものか、納豆なんか出てきた日には、拝まなきゃいけないくらいの感じになる(笑)。今、自分が置かれている状況への感謝の念が生まれるんですよ。

『日本を飛び出して世界で見つけた僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そうすると、すべてのことに対して、これまで以上にリスペクトも生まれてきます。それがまたいい影響を自分に及ぼし、自分がやりたいことの熱量やクオリティも自然と上がっていく。ものすごくいいサイクルが生まれるんですね。その良いサイクルに乗っかっていければ新たな道が拓けたり、いい運が巡ってくるのではないかと思います。

:最後に今、将来に不安を抱いていたり、どういう方向にいけばいいか悩んでいる人たちに、メッセージをいただきたいのですが。

佐藤:自分のモットーでもある“No attack,No chance!”という言葉を贈りたいです。自分から動き出して世界をつくっていく。挑戦していかないと、運はつかめません。インターネットで調べることも大事ですが、自分の足で、見て、触れて、感じることで本当に多くのことを学べます。実際にF1しかないと思っていた自分が、北米でインディカー・シリーズに魅せられて、新しい道が開けていきましたから。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。