佐藤琢磨「自ら挑戦しないと運はつかめない」

日本人で初めてインディを制した男の真実

:そこからF1へと上がっていった。

佐藤:イギリスF3で確実に結果を残せば、F1のチームが放っておきません。イギリスF3挑戦1年目の終わりに、F1テストのオーディションに合格しました。その後は、F1テストドライバーを務めながら2年目で頂点を取って、その結果エディ・ジョーダンのチームで、2002年からF1に参戦することが決まりました。

:F1の世界って、実力はもちろんですが、チームやスポンサーも含めて、大きな枠で物事を動かさなければならない。相当難易度が高い世界だと思うんですが、何か特別に気をつけていたことはありますか?

佐藤:もちろんドライビングのパフォーマンスは、自分が最も自分らしくいられる瞬間ですし、速くて当たり前、という世界でもあります。ただモータースポーツはスポンサーシップがないと成り立たない競技ですから、僕もある意味、営業活動をしなければなりません。しかし、企業の広告塔になるということではなく、純粋に夢を追いかけるアスリートとして共感してもらい、応援してもらう。そのために自分をアピールするということが、必要な能力の1つだし、大切なことだと思います。

:自分のパフォーマンスだけではなく、さまざまな要素を総合的に組み立てて、佐藤琢磨を表現しなくてはならない、ということですね。

佐藤:本当は才能1本でいけるっていうのが理想ですけど、やはりまわりの状況も含めた、運に恵まれないと難しいでしょうね。

:どういうときに、運に恵まれていると感じますか?

佐藤:人の一生ということで考えたら、どんな人にも運やツキは同じようにあると僕は思うんですね。ただ、それが自分の必要なタイミングで来るとは限らない。だったら、自分から取りにいくしかない。取りにいくためには挑戦を続けないと、とは思っています。

「インディカー・シリーズ」でチャレンジを続ける

:現在はインディカー・シリーズ(F1と同じオープンホイールを使用した北米最高峰のモータースポーツ。年間約16戦開催される)で、同じようなチャレンジを続けています。

佐藤:そうですね。インディカー・シリーズはF1ほど複雑な政治要素が絡み合うことがなく、誰にでもチャンスがあります。たとえばF1でいうと、メルセデスやフェラーリ、レッドブルに所属していなければ表彰台はおろか、優勝なんて夢のまた夢なわけです。だけどインディカーだったら、1台体制の小さなチームでも勝てる可能性がある。まさにアメリカン・ドリームの世界。アイデアと戦略次第で勝負でき、面白いレースだと思います。

:それでも、F1からインディカー・シリーズに舞台を移られるというのは、大きな決断だったのではないですか?

佐藤:自分の中で覚悟を決めて答えを出すのに2年ほどかかりました。少年の時にF1に夢をもらって、ずっとF1だけを目指してきましたからね。ただ、理不尽な理由で契約できなかったりして、F1だけがレースのすべてなのかっていうのを自分に突きつけました。

次ページリアルに体験しないとわからない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。