やる気が出ない人を変えてしまう5つのコツ

自分自身を客観的にとらえれば行動できる

やる気=モチベーションには法則があります(写真:naka / PIXTA)

やらなきゃいけないことがある。でも、モチベーションが上がらない。頭の中は「やらなきゃ……やらなきゃ……」という言葉であふれているけれど、なかなか行動に移せない。

そんなとき、どうすればいいのだろう?

私たちは「やらなきゃ」と思えば思うほど、反比例して「やりたくなくなってしまう」もの。だから「やろう!」と決意するよりも、「あれ……いつの間にかやってる?」という状態を演出するのが得策でしょう。拙著『図解 モチベーション大百科』でも紹介している“自分でも気づかないうちに、自分の行動を変えてしまう5つのコツ”をお届けします。

“自分の行動を変える5つのコツ”

(1)途中までやっておく

こんな実験があります。コーヒーショップで、スタンプカードが配られる。1回来店するたびにスタンプが1つ押され、10回来店したら、コーヒーが1杯無料になるというもの。

・Aチーム

空欄が10個のスタンプカードが渡される。

・Bチーム

空欄が12個のスタンプカードが渡される。ただ、最初からスタンプが2個押されている。

次ページ結果はどうなった?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT