やる気が出ない人を変えてしまう5つのコツ

自分自身を客観的にとらえれば行動できる

やる気=モチベーションには法則があります(写真:naka / PIXTA)

やらなきゃいけないことがある。でも、モチベーションが上がらない。頭の中は「やらなきゃ……やらなきゃ……」という言葉であふれているけれど、なかなか行動に移せない。

そんなとき、どうすればいいのだろう?

私たちは「やらなきゃ」と思えば思うほど、反比例して「やりたくなくなってしまう」もの。だから「やろう!」と決意するよりも、「あれ……いつの間にかやってる?」という状態を演出するのが得策でしょう。拙著『図解 モチベーション大百科』でも紹介している“自分でも気づかないうちに、自分の行動を変えてしまう5つのコツ”をお届けします。

“自分の行動を変える5つのコツ”

(1)途中までやっておく

こんな実験があります。コーヒーショップで、スタンプカードが配られる。1回来店するたびにスタンプが1つ押され、10回来店したら、コーヒーが1杯無料になるというもの。

・Aチーム

空欄が10個のスタンプカードが渡される。

・Bチーム

空欄が12個のスタンプカードが渡される。ただ、最初からスタンプが2個押されている。

次ページ結果はどうなった?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。