やる気が出ない人を変えてしまう5つのコツ

自分自身を客観的にとらえれば行動できる

やる気=モチベーションには法則があります(写真:naka / PIXTA)

やらなきゃいけないことがある。でも、モチベーションが上がらない。頭の中は「やらなきゃ……やらなきゃ……」という言葉であふれているけれど、なかなか行動に移せない。

そんなとき、どうすればいいのだろう?

私たちは「やらなきゃ」と思えば思うほど、反比例して「やりたくなくなってしまう」もの。だから「やろう!」と決意するよりも、「あれ……いつの間にかやってる?」という状態を演出するのが得策でしょう。拙著『図解 モチベーション大百科』でも紹介している“自分でも気づかないうちに、自分の行動を変えてしまう5つのコツ”をお届けします。

“自分の行動を変える5つのコツ”

(1)途中までやっておく

こんな実験があります。コーヒーショップで、スタンプカードが配られる。1回来店するたびにスタンプが1つ押され、10回来店したら、コーヒーが1杯無料になるというもの。

・Aチーム

空欄が10個のスタンプカードが渡される。

・Bチーム

空欄が12個のスタンプカードが渡される。ただ、最初からスタンプが2個押されている。

次ページ結果はどうなった?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT