5代目「ディスカバリー」は走りに優れるSUVだ

ランドローバー主力車種はディーゼルも秀逸

多用途性の高さで人気のランドローバー・ディスカバリーが、第5世代にフルモデルチェンジ。日本で発売された新型は、大のおとなが7名も乗れてしまう居住性とともに、すばらしい出来栄えのディーゼル・エンジンも光っていた。

新型ディスカバリーはコネクテッド

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

高級SUVを手がけるランドローバーによる多機能モデルとして人気のディスカバリー。第5世代となる新型を、ジャガー・ランドローバージャパンが2017年5月に受注を開始した。

ディスカバリーは、ディフェンダー(生産中止)という本格的クロスカントリー型4WDと、高級なレンジローバーとの間に位置するモデルで、デビュー当初は比較的カジュアルに乗れるSUVという位置づけだった。やがて先端技術と高性能パワートレインを積むようになり、いまやりっぱな高級SUVへと“成長”したのは、ファンの広く知るところ。

新型は、さらに各方向へ大きく進化をとげている。ひとつはパワートレイン。3リッターV6のガソリンと、ディーゼル仕様の2本立てで日本に導入する。ともによく出来たエンジンだ。

次ページオフロードでもオンロードでも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。