5代目「ディスカバリー」は走りに優れるSUVだ

ランドローバー主力車種はディーゼルも秀逸

多用途性の高さで人気のランドローバー・ディスカバリーが、第5世代にフルモデルチェンジ。日本で発売された新型は、大のおとなが7名も乗れてしまう居住性とともに、すばらしい出来栄えのディーゼル・エンジンも光っていた。

新型ディスカバリーはコネクテッド

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

高級SUVを手がけるランドローバーによる多機能モデルとして人気のディスカバリー。第5世代となる新型を、ジャガー・ランドローバージャパンが2017年5月に受注を開始した。

ディスカバリーは、ディフェンダー(生産中止)という本格的クロスカントリー型4WDと、高級なレンジローバーとの間に位置するモデルで、デビュー当初は比較的カジュアルに乗れるSUVという位置づけだった。やがて先端技術と高性能パワートレインを積むようになり、いまやりっぱな高級SUVへと“成長”したのは、ファンの広く知るところ。

新型は、さらに各方向へ大きく進化をとげている。ひとつはパワートレイン。3リッターV6のガソリンと、ディーゼル仕様の2本立てで日本に導入する。ともによく出来たエンジンだ。

次ページオフロードでもオンロードでも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT