5代目「ディスカバリー」は走りに優れるSUVだ

ランドローバー主力車種はディーゼルも秀逸

多用途性の高さで人気のランドローバー・ディスカバリーが、第5世代にフルモデルチェンジ。日本で発売された新型は、大のおとなが7名も乗れてしまう居住性とともに、すばらしい出来栄えのディーゼル・エンジンも光っていた。

新型ディスカバリーはコネクテッド

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

高級SUVを手がけるランドローバーによる多機能モデルとして人気のディスカバリー。第5世代となる新型を、ジャガー・ランドローバージャパンが2017年5月に受注を開始した。

ディスカバリーは、ディフェンダー(生産中止)という本格的クロスカントリー型4WDと、高級なレンジローバーとの間に位置するモデルで、デビュー当初は比較的カジュアルに乗れるSUVという位置づけだった。やがて先端技術と高性能パワートレインを積むようになり、いまやりっぱな高級SUVへと“成長”したのは、ファンの広く知るところ。

新型は、さらに各方向へ大きく進化をとげている。ひとつはパワートレイン。3リッターV6のガソリンと、ディーゼル仕様の2本立てで日本に導入する。ともによく出来たエンジンだ。

次ページオフロードでもオンロードでも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT