レンジローバー「ヴェラール」驚きのスタイル

新型SUV、日本では東京モーターショーで披露

ランドローバーは3月1日、レンジローバー・ファミリーの新型車「ヴェラール」をイギリス・ロンドンで発表した。美しいスタイルがなにより目を惹くモデルだ。

ヴェラールのスタイリングは“リダクショニズム”

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2017年3月1日午後8時(ロンドン)、ランドローバーのデザインを統括するジェリー・マクガバン氏のかけ声でベールが取り払われた時、1000人近く集まったゲストから大きなどよめきが起こった。

登場したのは、レンジローバーの新型モデル、ヴェラール。レンジローバー、レンジローバー スポーツ、レンジローバー イヴォークに次ぐ4台めのレンジローバー・ファミリーだ。

イヴォークが2008年にデビューしたときにも、その斬新なスタイルには驚かされたが、このヴェラールもまた似た衝撃をもたらした。「これ本当に市販車?」という声があちこちから聞こえてくる。

「ヴェラールという車名の由来は“隠す”とか“カバーをかける”というラテン語です」。ジェリー・マクガバン氏が、とっておきの秘密を明かす子どものような笑顔で舞台上から説明する。

「でも本来この車名は(1970年に発表した)レンジローバーのコードネームでした。原点に立ち返り、あのときのクルマが与えた魅力と現代性とエレガンスを盛り込みたいと考えました」

ヴェラールのスタイリングは、ひとつのかたまりから凹凸を極力なくして削り出したようなユニークなものだ。マクガバン氏はこれを「“リダクショニズム”、削って美を表現する手法だ」と語ってくれた。

次ページ動画で見るレンジローバー ヴェラール
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT