レンジローバー「ヴェラール」驚きのスタイル

新型SUV、日本では東京モーターショーで披露

 

ランドローバーは3月1日、レンジローバー・ファミリーの新型車「ヴェラール」をイギリス・ロンドンで発表した。美しいスタイルがなにより目を惹くモデルだ。

ヴェラールのスタイリングは“リダクショニズム”

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2017年3月1日午後8時(ロンドン)、ランドローバーのデザインを統括するジェリー・マクガバン氏のかけ声でベールが取り払われた時、1000人近く集まったゲストから大きなどよめきが起こった。

登場したのは、レンジローバーの新型モデル、ヴェラール。レンジローバー、レンジローバー スポーツ、レンジローバー イヴォークに次ぐ4台めのレンジローバー・ファミリーだ。

イヴォークが2008年にデビューしたときにも、その斬新なスタイルには驚かされたが、このヴェラールもまた似た衝撃をもたらした。「これ本当に市販車?」という声があちこちから聞こえてくる。

「ヴェラールという車名の由来は“隠す”とか“カバーをかける”というラテン語です」。ジェリー・マクガバン氏が、とっておきの秘密を明かす子どものような笑顔で舞台上から説明する。

「でも本来この車名は(1970年に発表した)レンジローバーのコードネームでした。原点に立ち返り、あのときのクルマが与えた魅力と現代性とエレガンスを盛り込みたいと考えました」

ヴェラールのスタイリングは、ひとつのかたまりから凹凸を極力なくして削り出したようなユニークなものだ。マクガバン氏はこれを「“リダクショニズム”、削って美を表現する手法だ」と語ってくれた。

次ページ動画で見るレンジローバー ヴェラール
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。