マツダの新型「CX-5」はなぜ値上げしないのか

強豪ひしめくSUV市場、マツダ流の戦略は?

かつてマツダの経営危機を救った「CX-5」。2代目となる新型CX-5は年間の世界販売40万台を計画している(撮影:梅谷秀司)

「デザイン、運転の楽しさ、快適性、静粛性、安全性能をさらに一段高いレベルに引き上げた。この車をスタートにビジネス成長を確実にする」――。マツダの小飼雅道社長は強い期待を語る。

マツダは12月15日にSUV(スポーツ多目的車)の主力モデル「CX-5」の新型を発表した。2017年2月に日本を皮切りに世界120か国に投入していく計画だ。

経営危機を救った初代CX-5

2012年に発売した初代CX-5はマツダの復活劇の立役者だ。当時、同社はリーマンショックの影響で4期連続の最終赤字を計上。環境性能と走行性能を両立させた「スカイアクティブ」技術を初採用し、野生動物をモチーフに躍動感あふれるデザインテーマ「魂動」(こどう)も初めて導入した「新世代商品群」となる。

現在、CX-5はマツダの世界販売の4分の1を占める基幹車種にまで成長。さらに「新世代商品群」はCX-5以降も軒並みヒットし、マツダブランドの存在感を高めることに成功した。

発表直後の週末に、東京駅で実車を展示。多くの人が足を止めた(記者撮影)

新世代商品群の投入が一巡し、打順が再び「CX-5」に戻ってきた。5年ぶりの刷新で基幹車種はどのように変化するか、マツダユーザーならずともその仕上がりに注目が集まった。

開発責任者を務めた児玉眞也・商品本部主査が「変化を追い続けると深く熟成するステージには入れない。『変えない挑戦』と言えるかもしれない」と語るように、CX-5は車としての熟成に力を入れた。

特にこだわったのはデザインとカラーだ。「色と造形は表裏一体」の考えのもとに、「魂動デザイン」の造形をより立体的にし、造形をより引き立たせるための色を開発した。新世代商品群を機に採用された鮮やかな「ソウルレッド」はマツダブランドの象徴ともいえる色で、2割から3割の顧客が選択している。この色の鮮やかさを20%、深みを50%引き上げた。

走行性能の引き上げにもこだわった。ドライバーのハンドル操作に応じてエンジン出力を細かく調整し、カーブ時の揺れを抑える技術を採用。不快な揺れを減らし、乗り心地を良くした。プラットホーム(車台)の床の部品の約半分を改良したり、新しいものに交換したりして、衝突安全性や乗り心地を高めている。

次ページCX-5の価値とは何なのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。