プロレスのリングに上がるアイドルの心理

松井珠理奈が飛び、宮脇咲良が叫ぶ

(右)松井珠理奈さん(20)「豆腐プロレス」ハリウッドJURINA役/(左)宮脇咲良さん(19)「豆腐プロレス」チェリー宮脇役(写真:伊ケ崎忍)

AKB48グループメンバーがプロレスラーに扮し戦う「豆腐プロレス」が人気だ。女性アイドルも続々プロレスに参戦し、賞をとる選手もあらわれた。プロレスとアイドル、一見遠そうなジャンルを股にかける女子が増えているのは、なぜなのか。

プロレスラーだった父の急死を機に、普通の女子高生(宮脇咲良)が父を裏切った元弟子率いる道場に立ち向かうためプロレスデビュー──今年1月から放送されているドラマ「豆腐プロレス」(テレビ朝日系、毎週土曜深夜0時5分~)は、宮脇さんやライバル役の松井珠理奈さんら総選挙上位メンバーを含め、AKB48グループのメンバーが多数出演している。試合シーンはスタントを立てずアイドル本人が打撃技や組み技をあわせて撮影。月に2回、リングでロープに飛んだり受け身を取るなどの練習を重ねてきた。

本格的トレーニングが必要なため、番組出演の意思があるメンバーが手をあげる方式。出演を躊躇するメンバーもいる中、宮脇さんは「新しい世界を一から学べて成長できる」と真っ先に立候補した。

今年1月に東京ドームのプロレス興行を初めて生で観覧して「アイドルとプロレスは似ている」と実感した。

喜怒哀楽ぶつかり合う

「倒れそうになっても、声援を力に変えて選手が立ち上がっていた。私たちもファンの方たちに支えられてばかり。どちらもファンがいなければ成立しないジャンルなんだと感じました」

プロレスは場外乱闘や2人がかりの攻撃が一定程度認められるなどルールの幅が広く、選手や技の個性も多様。選手の喜怒哀楽さまざまな感情がぶつかり合い、そこにファンが感情移入する競技でもある。宮脇さんはそこにもアイドル、特にAKB48グループとの共通点があるという。

次ページAKBとプロレスはすごく似ている
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。