プロレスのリングに上がるアイドルの心理

松井珠理奈が飛び、宮脇咲良が叫ぶ

(右)松井珠理奈さん(20)「豆腐プロレス」ハリウッドJURINA役/(左)宮脇咲良さん(19)「豆腐プロレス」チェリー宮脇役(写真:伊ケ崎忍)

AKB48グループメンバーがプロレスラーに扮し戦う「豆腐プロレス」が人気だ。女性アイドルも続々プロレスに参戦し、賞をとる選手もあらわれた。プロレスとアイドル、一見遠そうなジャンルを股にかける女子が増えているのは、なぜなのか。

プロレスラーだった父の急死を機に、普通の女子高生(宮脇咲良)が父を裏切った元弟子率いる道場に立ち向かうためプロレスデビュー──今年1月から放送されているドラマ「豆腐プロレス」(テレビ朝日系、毎週土曜深夜0時5分~)は、宮脇さんやライバル役の松井珠理奈さんら総選挙上位メンバーを含め、AKB48グループのメンバーが多数出演している。試合シーンはスタントを立てずアイドル本人が打撃技や組み技をあわせて撮影。月に2回、リングでロープに飛んだり受け身を取るなどの練習を重ねてきた。

本格的トレーニングが必要なため、番組出演の意思があるメンバーが手をあげる方式。出演を躊躇するメンバーもいる中、宮脇さんは「新しい世界を一から学べて成長できる」と真っ先に立候補した。

今年1月に東京ドームのプロレス興行を初めて生で観覧して「アイドルとプロレスは似ている」と実感した。

喜怒哀楽ぶつかり合う

「倒れそうになっても、声援を力に変えて選手が立ち上がっていた。私たちもファンの方たちに支えられてばかり。どちらもファンがいなければ成立しないジャンルなんだと感じました」

プロレスは場外乱闘や2人がかりの攻撃が一定程度認められるなどルールの幅が広く、選手や技の個性も多様。選手の喜怒哀楽さまざまな感情がぶつかり合い、そこにファンが感情移入する競技でもある。宮脇さんはそこにもアイドル、特にAKB48グループとの共通点があるという。

次ページAKBとプロレスはすごく似ている
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT