プロレスのリングに上がるアイドルの心理

松井珠理奈が飛び、宮脇咲良が叫ぶ

「私たちは夢の世界の住人ではない。きれいなところだけ見せるのではなく、悲しんだり落ち込んだりしたことをそのまま言うほうがファンの方は支持してくれます。そこもプロレスとすごく似ているなと」

試合部分のトレーナーのプロレスOBからは、悔しい時にリングを叩くなど大きな動きで感情を表現することも学んだ。

「今は、頑張ったり熱くなることがかっこ悪いと思われる時代。そんな時代に私たちアイドルもプロレスも自分の感情をむき出しに、ダメなところも見せたくないところも見せている。そこが私は好きです」(宮脇さん)

人形から人間になった

愛川ゆず季さん(34)/元スターダム所属(写真:写真部・小原雄輝)

ドラマにとどまらずアイドル、特に女性アイドルが実際にプロレスラーになるケースがここ数年急増している。その先駆者が2010年にプロレスデビューしたグラビアアイドルの愛川ゆず季さん(34)だ。彼女にとってプロレスは、自分を「人形から人間にしてくれた」存在だった。

プロレス入り直前はブログのアクセス数を稼げなければ引退といった企画をやるなど「崖っぷちアイドル」といわれていた。

「デビューしてすぐ、雑誌の表紙に出たいという目標を何の努力もせず実現してしまった。その後は、仕事をもらっても出たとこ勝負。がんばれ、と言われるけど、何をがんばればいいのと思っていました」

そんな時、事務所からプロレス入りを勧められ、初めて「打ち込める目標」を手にした気がした。デビュー後は女子プロレス団体「スターダム」に所属。アイドルだからと思われたくなくて「明日のことを考えない、捨て身のプロレス」を心掛けた。体はきつく、家に帰ってコスチュームのまま寝てしまうことも。ベテランのダンプ松本に試合で「ボコボコ」にやられ、実家に帰ってしまったこともあった。

次ページリングの上は学校じゃない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT