B・ディランのノーベル受賞講演はパクリ?

「白鯨」に触れた部分が学習サイトに酷似

6月14日、ノーベル文学賞を昨年受賞した米シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン氏による受賞講演の一部が、学習サイトの記述に酷似していると指摘されている。写真は2012年1月撮影(2017年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 14日 ロイター] - ノーベル文学賞を昨年受賞した米シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン氏による受賞講演の一部が、学習サイトの記述に酷似していると指摘されている。

13日にネット雑誌「Slate.com」に掲載された記事によると、受賞講演で影響を受けた作品として「白鯨」に触れた部分が、学習サイト「SparkNotes」が同作品を要約した表現と酷似しているという。

SparkNotes.comは学生向けに文学作品などの学習ガイドを提供している。

記事を執筆したアンドレア・ピッツァー氏は、20の文章を挙げて似ていると指摘した。

ディラン氏の代理人はコメントを出していない。受賞講演は今月5日、ノーベル財団のウェブサイトに公開された。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。