ハルキ小説の「英語版」はこうやって生まれた

「1Q84」「ねじまき鳥クロニクル」訳者が語る

村上春樹作品の翻訳者として名高いジェイ・ルービン氏のトークイベントの模様をお届けする(写真:今井 康一、3rd_PAGEにて)
海外では村上春樹氏の著作の代表的な翻訳者として名高い、ハーバード大学名誉教授・ジェイ・ルービン氏が『村上春樹と私』を上梓した。ルービン氏は11月上旬に来日し、東京・南青山の3rd_PAGEで「村上春樹と私とノーベル賞」と題する出版記念トークイベントを行った。
メディア報道の少ない村上氏についての知られざるエピソード、ノーベル賞にまつわるこぼれ話、翻訳時の苦労など、なかなか聞けない同氏の本音を余すところなく語り尽くした、熱いセッションの一部を抜粋してお届けする。(聞き手:井坂康志)

ボブ・ディランは現代の吟遊詩人

『村上春樹と私』書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします

――ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞しました。村上春樹翻訳者としてどうお感じになりますか。

ボブ・ディランがノーベル文学賞に値するのかどうか、少し不思議に思いました。彼の歌は嫌いではありません。とくにDon’t think twice, it’s all right(邦題「くよくよするなよ」)という曲は、自分でギターを弾いて歌うくらい好きですね。詩としての力は確かにあるでしょう。そうでなければ、これほど世界中の人に愛されるはずがないですから。ボブ・ディランが「現代の吟遊詩人」と言われるのもわかる気がします。

――村上春樹さんとの出会いは?

私が村上さん宛てに手紙を送ったのが最初です。自分がこれまで夏目漱石の『三四郎』などを翻訳してきたこと、村上さんの短編小説が大好きであり、作品の翻訳をさせてほしいというお願いの手紙でした。

次ページ初対面の印象は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。