原油価格が需給改善でも低迷している「謎」

金と原油の相関関係から見ると今は安すぎ

一方、金相場については、金市場の参加者がドルの上値の重さを重視するか、インフレ率の伸び悩みを重視するかで、方向性は短期的に変わってくるだろう。

ドル安はドル建てで取引される金相場を押し上げる一方、インフレ率の低下は理論的には金相場の上値を抑える要因になる。それ以外にも、金には安全資産としての面もあり、市場が不安定化した場合には選好されやすい。いまは米国株が歴史的高値圏にあることや、欧州の政治リスクの後退もあり、安全資産としての買いは入りづらくなりつつある。もちろん、トランプ政権の政策運営に対する不透明感は、市場の不安定要素ではあるが、現時点では金相場を押し上げるほどの材料にはなっていない。

中東情勢についても、中東諸国がカタールと断交するなど、きな臭い状況にあるものの、地政学的リスクの拡大はそれほど意識されていない。その結果、世界最大の上場投資信託(ETF)であるSPDRゴールドトラストの保有高は14日時点で854.87トンと、前日の867トンから減少するなど、明確な増加傾向に転じることができていない。

このように考えると、金市場の関心は今後、ドル相場の動向に向かう可能性があるだろう。ドルは米利上げペースの鈍化もあり、上値が重くなりやすい。そのため、ドル建て金相場は堅調に推移しやすくなると考えるのが一般的だ。目先は1トロイオンス=1250ドル前後をサポートに、再び1300ドルを目指し、長期的には理論値でもある1400ドル前後を試す展開が想定されよう。

今後は金も原油も反発へ

筆者が金相場を見るうえで重視しているのが、本欄でも過去に解説した米実質金利との関係である。

金相場と米実質金利の相関は0.76と高い水準にある。市場環境によって、金利動向と値動きが一時的に離れるときもあるが、長期的に見れば、おおむね同方向に動いている。

米実質金利からみた金相場の現在の理論値は、米CPIの低下を受けて、5月の1450ドルから1415ドル程度にまで低下している。このように、金相場はインフレ率が高まらないと、理論的には上昇しづらいことになる。インフレが高まれば、金利が上昇するため、金利のつかない金には重石になるとの考え方もあるが、理論的にはインフレ期待が高まれば、金相場は上昇しやすくなると考えるのが妥当であろう。

米国のインフレ率の上昇には前述のように、原油相場の上昇が不可欠である。金相場と原油相場を比較した「金/原油レシオ」(1トロイオンスあたりの金価格を1バレルの原油価格で割った値)は現在28.3倍で推移しているが、過去平均は16.5倍である。

つまり、いかに原油相場が割安に放置されているかがわかる。レシオの過去5年間の重要なポイントになっている20倍の場合の原油相場は、金が1250ドル前後とすると63ドル程度が適正値になる。筆者は将来想定される原油市場の需給面から、原油相場は60ドル前後が適正と考えており、レシオが20倍にまで落ちてくれば、60ドルという水準は正当化されることになる。このように、現在や将来の金利動向などを考慮すれば、金価格は1400ドル方向に上昇する一方、原油相場は60ドルを目指して上昇すると考えるのが妥当であろう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT