「ボーナスを貯金しない人」に欠けている視点

月々の赤字補塡で終わっていませんか?

オススメなのは、お小遣いの額だけでなく、使途も明確にすること。たとえば、お小遣いの対象を、仕事中の食費と雑費のみにしたりと、実態に合わせて柔軟に考えてください。外食費や被服費、美容費など、どこまでお小遣いでカバーするのかを考えてみると、お小遣いの設定の甘さが過剰な支出の温床となっていることがわかるかもしれません。

ネットショッピングが多い

女性に多いのですが、男性も注意してください。夜中のネットショッピングは危険です。危険というのはセキュリティのことではありません。買い物をするという行為が、ストレス解消の手段となっているケースが多いのです。

仕事を頑張るほど、ネットショッピングをしてしまう。買い物依存といってしまえばそれまでなのですが、ストレス解消の手段を別の方法に置き換える必要があるでしょう。仕事を変えるというのも1つかもしれません。筆者もよくやってしまうのですが、オンラインサイトのレコメンド(お勧め商品)で、買い物かごに1品追加してしまう事を繰り返すと、当初の買い物予定より多い買い物点数になりますので、ご注意ください。

そもそもネットショッピングをしない、という手もありますが、どうしてもサイトにアクセスしてしまう場合は、最後の「決済」ボタンを押す前に、本当にそれが必要なものなのかどうか、あるいは朝まで待って考えてみましょう。

「でもでも星人」は危ない

自分を正当化する言動をする

家計についてお話を聞いていると、その方の思考がよくわかります。たとえば、家計を改善するつもりはないのに、相談に来る人がいます。貯蓄を増やすのに、一発逆転的な裏技があると思っているのかもしれません。

家計改善の話になって、支出の一つひとつを根掘り葉掘り聞いていくと、そのどれもが生活に必要欠くべからざる内容なのです。食費の削減について意見を言うと、「でも……そこまでする必要はあるのでしょうか……」、保険料の見直しなら「でも……知り合いを通しているので。でも、最近見直したばかりで……」など。もはや何を言っても、「でも」しか返ってきません。優先順位をつけることができないのです。

それ以前におカネのことを真剣に考えていないのです。なんとなくファイナンシャルプランナー(FP)に相談すれば教えてくれるだろうという感覚でやってくる。知識は実践することに意味があります。どんなに優れた理論を持っていても、実践しなければ意味がないのです。

むしろ、理論はなくとも、実践し続ければ知恵が身に付き、やりくり上手になるもの。今回のボーナスを機に、あらためて自分のおカネの使い方を把握し、見直してみませんか。日々の家計の緩みを見直すことができれば、月々の家計も黒字化できる。そして、月々の家計が黒字化できれば、ボーナスを心置きなく貯蓄に回すことができるようになるのです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT