「お茶の飲み方」でバレる!残念な人の3欠点

「行儀が悪い」「うるさい!」あなたは大丈夫?

それではいったい全体、「一流のお茶の飲み方」とはどのようなものだろうか。

【1】「他者への配慮」を忘れず、「無駄がない飲み方」ができる

一流の「お茶の飲み方」とは、その動作が流れるようで無駄がなく、優雅にして他人への配慮が行き届いているものである。

お茶の心とは本質的には二畳一間にお茶を間に2人の人間が対峙する空間で、他者への配慮を表現することだ。

そして、「あの一見無駄に思える作法の数々が、実は最も効率的なのだ」という、いま一つ腑に落ちないお茶の先生の言い分に思い悩むよりも、共にいる人に心を配り、お互いに敬意をもって過ごすことが、一流のお茶飲みの基本であろう。

【2】姿勢も飲み方も、なにかと美しい

一流の「お茶の飲み方」をマスターしている人は、普通の麦茶を飲ませても一流である。

コンビニの、98円で500ml入りのお得パックの麦茶を飲んだとしても、その姿勢はピーンと伸びており、飲み終わったあとは、きれいに片付けられている

一流の「お茶の飲み方」をできる人は、日頃、普通の麦茶だろうがハトムギ茶だろうが、何を飲むにしても全体的に立ち居振る舞いが美しいのである。

【3】感謝の気持ちを忘れない

最後に、真の一流は、お茶を飲むときに感謝の気持ちを忘れない。仮にそれが、自動販売機のウーロン茶であったとしても、飲み終えたあとに「結構なお点前で」と、自動販売機に敬意を払うのは、当然のことなのである

人がいようがいまいが、たとえ対象が自動販売機だったとしても、お茶を飲み終わったときは「結構なお点前で」と独り言でも感謝の気持ちを発するのが、一流の一流たるゆえんなのである。

「一流の慎重さ」をひけらかす二流の私

ちなみに念のために断っておくと、本記事を公開する前に、きちんとお茶の先生に内容の監修を受けた。

いつものように大炎上することを未然に防ぐべく、意外とまじめにお茶の先生まで動員して監修まで受けるという「一流の慎重さ」を得意げにひけらかしたところで、今宵のコラムを締めさせていただきたいと思う。

なお、「正しいお茶の飲み方」に限らず、「失恋」のグローバルスタンダードや、「エレベーターの乗り方」のグローバルスタンダードなど、さまざまな日常の問題に関して、こちらで読者の皆様の人生相談にお答えしている。

お茶の飲み方から恋愛相談まで、「あまり重要でない、比較的どうでもいい人生相談の数々」に限定して、シンガポールのかなたで、お待ちしております。

今回の記事もまた、結構なお点前で。ズズズッ(一流のお茶の音)。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT