男の子4割に反抗期ナシ「今どき親子」の実態

母親とのお出掛けにも息子は抵抗なし?

関係性が以前より良好になった今どき親子。それを裏付けるものとして、親子での外出に関して見ていきましょう。父親との外出に抵抗がない子どもは男性63.8%・女性61.1%、母親との外出に抵抗がない子どもは女性92.9%、男性でも71.8%と高い割合になっています。母親との外出に抵抗がない女性の割合は男性よりも21.1ポイント高く、ここでも母親と娘の親密さがうかがえます。

これを親世代が子どもの頃の結果と比較すると、子どもは男女とも父母いずれに対しても抵抗がない割合が高くなっています。今どきの若者は、親世代が子どもの頃以上に親と2人で外出することに抵抗が少なくなってきているということがいえそうです。特に母親との外出に抵抗がない男性は、子どもが71.8%であり、親の54.2%より17.6ポイント高くなっています。母と娘のみならず、母親と息子の距離感も大幅に近くなってきていることがうかがえます。

次ページ父親に相談する子どもの割合は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT