経済を「感じる力」を鍛えると全体感が見える

1人カラオケ普及の影響を知っていますか?

一部の事業者が飲食持ち込み可としているのは、とにかくたくさんの顧客に利用してもらいたいからです。客単価が減少している以上、金額ではなく客数で稼ぐという形にシフトしなければ、同じ売上高は維持できません。

このように、市場規模が変わらなくても、消費者のおカネの使い方が変わってくると、企業の経営にも大きな変化が生じることになります。こうした変化は、あらゆる業界で発生しているはずであり、多くの企業がつねに姿を変え、そこで働く人たちの生活も変化させています。このように小さな気づきを積み重ねていけば、やがて社会全体の大きな動きも理解できるようになるでしょう。

「感じる力」さえ身に付けていれば!

『感じる経済学 コンビニでコーヒーが成功して、ドーナツがダメな理由』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「直感」や「気づき」を大事にすると、自分だけでなく社会全体の問題点も見えてきます。これは自身のキャリアプランの設計や資産運用などにもよい影響を与えることになるでしょう。

漫然と与えられたものを受け入れ、受動的に生きるよりも、主体的に考え、自分の価値観に基づいて物事を決める人生のほうが何倍も充実しています。そして多くの人が、前向きに、主体的に行動するようになれば、経済全体にもよい影響を与え、最終的には自分たちの利益として戻ってきます。

今の日本は不況が続いており、将来にあまり期待が持てない状態です。しかし経済というものは人々の心理に影響を受けるものです。人口減少など避けることのできないマイナス要因はありますが、気持ちの持ち方次第で経済は大きく変わるのです。これは発展途上国から成熟国へのシフトが進んだ日本ではなおさらのことです。

一人ひとりが経済を「感じ取り」、主体的に行動するということは、何よりの景気拡大策になります。つまり、本当の意味で日本経済の処方箋を書けるのは、政府でも経済学者でもなく私たち自身なのです。

これからの10年は、経済環境の変化に加え、人工知能の台頭などテクノロジーの驚異的な進歩という荒波も押し寄せます。しかし変化が大きいときはチャンスでもあります。経済を感じる力さえ身に付けていれば、どんな時代でも恐れる必要はありません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT