車椅子バスケ、千脇選手を覚醒させた出会い

脊髄損傷で一時は自暴自棄になったが…

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

キーワードを基に様々なジャンルのフロントランナーからビジネスのヒントを聞く「飛躍のアルゴリズム」。今回は車椅子バスケットのリオパラリンピック代表・千脇貢選手。脊髄損傷の事故後、自暴自棄になったこともあるという千脇選手を変えたのは何だったのか。

千脇選手は、1981年生まれの35歳。身長185センチ、腕回りは47センチ、高校生の時にスノーボードの事故で脊髄を損傷し、車椅子での生活となる。その後、車椅子バスケットに出会い、2014年、32歳の時に日本代表に選ばれ、2016年のリオパラリンピックでは日本代表の原動力となった。パラリンピック後は、1週間もたたないうちに舞台をドイツに移し、先月まではブンデスリーガでも活躍していた。

屈強な肉体が生む、繊細なターン

――いま、千脇選手が乗っていらっしゃるのが競技用の車椅子ですが、通常のものとどういった点が違うんでしょうか。

まず、キャンバー(タイヤ部分の傾き)というものがついていて、普段用の車いすよりかはターンがしやすかったり、競技用なのでかなり頑丈につくられているので、激しい当たりでも壊れにくいというのがあります。

――この場でそのターンを見せていただくことは可能でしょうか。

はい(車椅子のままクルッと1回転。非常にコンパクトに回転できる)。

――軽快ですね。それを動かしているのは千脇選手の47センチの腕、すごい迫力ですね。衝突もあったりする激しいスポーツの中で、屈強な体というのは大事なんですね。

やはり国内だけではなくて、国外に出て行くには強じんな肉体は必要になるかなとは思っています。

次ページ障害の程度により“持ち点”がある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT