ゴミ屋敷に商機を見出した男の波乱万丈人生

夜逃げ、起業、倒産…人はそれでも立ち上がる

佐々木社長はとにかくバイタリティあふれる人だ。四六時中仕事のことばかり考えて、家にいても、お酒を飲んでいても、次にどんな戦略を立てたら儲かるのか、そんな話ばかりしているという。

「たとえば、新橋の居酒屋なんかに行くと、上司や会社の愚痴ばっかり言っている人が多い。みんな、できない理由の弁論大会を延々としている。でも自分がうまくいかないのを、社会や会社や他人のせいにしても意味はない。たとえば、そんな話を聞いたら、若い人たちは社会に出たくないと思うだろう。大人は、バリバリ働いて、若い子たちに形を見せていかなければいけない。それが大人の役目だよ」

会社は順調に大きくなったが、佐々木社長はまだ安泰だとは思っていない。まだまだ働いて、自社ビルを建てたいし、部下の中から継承者を出したいとも思っている。まだまだ、道の途中なのだ。

経営者として戦うコツ

経営者は、転んだ時に自ら立ち上がるという力を身に付けておかなければならない

最後に佐々木社長に、経営者として戦うコツを伺った。

「最終的に物事を決断するのは経営者のみに与えられた権利。家族や友人、コンサルタントにいくら相談してもいいけど、結局は自分の勘を信じて決断するしかない。人のせいにはできない。良いことも悪いことも全部自分に返ってくる。これはギャンブルみたいなもので、成功すれば万々歳だけど、もちろん失敗することもある。

だから経営者は、転んだ時に、自分で立ち上がるという力だけは身に付けておかなければいけない。野生の動物がたとえ傷ついていても起き上がって狩りに出かけるように。そうして、立ち上がることさえできれば、きっと前に進んでいけると思うよ」

何度も転んでは立ち上がった経験のある、佐々木社長の言葉には重みを感じた。

(写真:筆者撮影)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT