円安でもさらに値下げする、イケアの強み

イケア・ジャパンのパルムクイスト社長に聞く

だからということになりますが、イケア・ジャパンは他国のイケアよりもサービス対応を強めています。他国のイケアでは一般的でない「デリバリー(配送)サービス」も積極的に行っていますし、「ピッキングアップサービス」というユニークなサービスも行っています。イケアはセルフサーブといって、お客様が商品を棚から持ってくるのが世界では標準なのですが、日本ではストアのスタッフがそのサポートをしているのです。

もう1つ、日本市場の最大の特徴は、家への関心が残念ながら他国より低いことです。日本の消費者は家に関係する消費が低い。その代わりに、例えば洋服や外食などに優先してお金をかける傾向がある。誰でも生活している家については、関心はあるんでしょうけれども、お金を投じて消費するかというとそこまでは至っていない。ただ、近年では家に対する消費というのは増えつつあり、いい傾向は出てきています。

――来年の2014年、イケアは「子供と一緒の暮らし(Living with Children)」というテーマを掲げていますね。

今回フォーカスしたのは「子供との暮らし」と、「ベッドルーム」のところですね。これまで取り扱いの少なかった8~12歳のキッズ向け商品を拡充しています。そのキャンペーンをサポートするためにも、プライスダウンする商品もそこを厚くしています。ただ、もちろんその他の商品も、低価格で提供していくつもりです。

――家具の啓蒙という側面がキャンペーンにはある?

まさにそういう狙いがあります。今回の「みんならしさが家になる」も1つの啓蒙活動なんです。「家」というのは、誰にとっても世界で一番大事な場所、全ての基盤。家での暮らしというのは何よりも大事なものです。その中でも特に子供との暮らし考えた場合、家というのはいろいろなことを初めて学んだり、身につけていく場所です。それだけ責任のある空間なんです。だからもっともっとイケア・ジャパンでは、日本でも家の大切さを伝えていきたいな、と思っています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT