日本の”シリコンバレー化”が始まった ライフネット生命保険 岩瀬大輔社長と語る(下)

印刷
A
A

日本は起業する条件がすべて整っている

岩瀬:一方で、伊佐山さんは1カ月に1度くらいの頻度で日本に来て、シリコンバレーと日本のスタートアップシーン、両方を目にしている。日本のスタートアップシーンはどのように見えますか。

伊佐山:日本はここ10年で劇的に変わったと思います。日本は岩瀬さんのようなロールモデルが出てきて、ベンチャー企業は増えました。若い起業家が出てきたことで、少しずつ盛り上がってきていると感じます。10年前までは、経営者の“アイコン”(象徴)がいまだに松下幸之助や本田宗一郎といった印象があったように思うので(笑)。

また、安倍政権の成長戦略で「新産業をどうするか」ということが、トップレベルで話し合われるようになったことは画期的だと思います。これまでベンチャーはどちらかというと日の目を見ないグループで、「わけのわからない夢を語っている集団」だったのに、「あいつらを使わないと日本はまずいぞ」という流れになったのは大きいと思います。

岩瀬:ここ3年くらいで、本当に変わりましたよね。

伊佐山元(いさやま・げん)
1973年2月、東京都生まれ。97年、東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(現・みずほフィナンシャルグループ)に入行し、2001年よりスタンフォード大学ビジネススクールに留学。2003年より、米大手ベンチャーキャピタルのDCM本社パートナーとして、シリコンバレーで勤務。 2013年夏より、シリコンバレー在住のまま、日本の起業家、海外ベンチャーの日本進出を支援することで、新しいイノベーションのあり方やベンチャー育成の仕組みを提供する組織を創業中。日本が起業大国になることを夢見ている。

伊佐山:そういう意味で言うと、「雰囲気」は整ったと思います。日本は、ブラジルや中国、ロシアといった国で起きているベンチャーブームとは“質”が違います。それらの国は、人がいない、モノがない、知的財産のような技術がない、という「ないない尽くし」の中でベンチャーが育っている。一方、日本は、すべてがそろっていて、ベンチャーがいちばん簡単にできるような環境が整っています。現在、ベンチャーが増えてきたとはいえ、それでも世界から見るとまだ少ない。

その理由は、これまでも言われてきたような、日本社会の常識というものがあると思いますが、もうひとつ、シリコンバレーのベンチャーキャピタリストがやるような人と人をつなぐ、さらには人と人をつないでおカネを出すというプロデューサーがあまりに少なすぎるということもあると思います。

日本は、ベンチャー投資が年間1000億円と規模的に小さい。アメリカのベンチャー投資額2兆円、エンジェル投資家を含むと5兆円と、50倍近くの大きな差がついている。その理由は、プロデューサーの数が少なく、「触媒」になる人がいないことが大きい。本当は、岩瀬さんのような人が、事業を巨大化して引退してから、若い人におカネを出して「2~3年頑張ってみろ」となればいいと思っています。

次ページ日本の1万倍厚みがある「シリコンバレー」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT