日本の”シリコンバレー化”が始まった

ライフネット生命保険 岩瀬大輔社長と語る(下)

「黒船」として日本のベンチャーを変える

岩瀬大輔(いわせ・だいすけ)
ライフネット生命保険副社長 1976年埼玉県生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。98年卒業後、ボストン コンサルティング グループに入社。2006年、米ハーバード経営大学院(HBS)を日本人4人目のベイカー・スカラー(成績上位5%表彰)として修了。帰国後、ライフネット生命保険設立に参画。09年より現職。10年、世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2010」に選出。内閣府IT戦略本部専門調査会委員。主な著書に『ハーバードMBA留学記 資本主義の士官学校にて』『生命保険のカラクリ』『ネットで生保を売ろう!』『入社1年目の教科書』『入社10年目の羅針盤』などがある

岩瀬:伊佐山さん、これから新しいことを始めるそうですね。

伊佐山:これまで10年間勤めていたベンチャーキャピタルから独立して、これから新会社を立ち上げる予定なのですが、やりたいことのひとつは日本のベンチャーが海外に出るための“水先案内人”。これからグローバル化が進む中でビジネスやベンチャーシーンの「ルール」が変わっていく。世界中の優秀な人間が国境や出自を越えて、“実力勝負”する時代になります。そうした中で、日本人全員にシリコンバレーへ本拠地を移せとは言わないまでも、シリコンバレーをはじめとした海外の最先端のベンチャーがどういう発想で動いているか――という現場を見て学ぶことは必要だと思っています。そのガイドができればと思っています。

そうした中で、日本のベンチャー業界にちょっと違う形で刺激を与えたいですね。

岩瀬:これからもシリコンバレー暮らしは続けるのですか。

伊佐山:はい。これからも家族とともにシリコンバレーに住みながら、“黒船”として日本のベンチャーシーンを刺激し続けて、僕のミッション(使命)である「日本の起業家を増やすこと、日本中にアントレプレナリアル(Entrepreneurial=起業家的な)精神を広めること」をやっていきたいですね。10年以上、シリコンバレーの地で見てきた「働き方」「流儀」こそ、成熟社会を迎えた日本が新たな成長性を確保し、これからの主役である若者に希望を与えると確信しています。

岩瀬:僕が伊佐山さんにお願いしたいことは、新経済連盟が「新経済サミット」をやったように、本物のすごい起業家をシリコンバレーや世界中から連れてきてほしい。「新経済サミット」では、Twitterと決済サービスSquareを創業したジャック・ドーシー氏やSkypeの共同創業者・ニクラス・ゼンストローム氏、スマートフォンOSベンチャーAndroidを創業したGoogleのアンディ・ルービン氏、Pinterest共同創業者のベン・シルバーマン氏の話を聞いて、インスパイアされた人は数多いと思うし、会場内で人生を変えたという人間もいたと思います。

だから、伊佐山さんにはシリコンバレーの友達の起業家を日本に連れてきて、多くの若い人に“擬似留学体験”ができるようにしてもらいたいですね。

伊佐山:まさにそれも新会社の役割だと思っています。それと同時に、シリコンバレーのベンチャーにも、もっと日本を知ってもらって、興味を持ってもらいたい。日本は面白いぞ、ってね(笑)

(構成:山本智之 撮影:原田教隆)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT