ベントレーのSUV「ベンテイガ」に乗ってみた

全長5mでもスポーツカーのように走れる

ベントレー初のSUV、ベンテイガを国内で試乗した。全長5メートルを超える巨体は扱いづらい? 都心とワインディングロードを走り、西川淳がレポートする。

塊としてのデカさ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

初めて乗ったのは、アメリカだった。それも砂漠のなかのリゾートだったから、ベントレー初のSUVも、「毎日乗れそうだ」と思ったものだ。ついでに言うと、ベンテイガなら、かなりのオフロードも難なくこなすし、何ならそのまま舗装されたサーキットへ持ち込んでもそんじょそこらのスポーツカーなんか振り切るほどのパフォーマンスをみせる。

つまり、現代のオールマイティ・ラグジュアリー、しかも筆頭の。それがベンテイガへのボクなりの賛辞だった。

半年ほど遅れて、“2度目のベンテイガ”。日本でも触れるという段取りになった。あの衝撃の性能をもう1度、とばかりに意気込んで取材現場に駆けつけて、思わずたじろぐ。

でっかい!

あれ? こんなにでっかいクルマだったっけ?

いや、もちろん、アメリカ以外でもショーなどで現物を間近に見る機会は何度もあった。それに、ボディサイズなど数字的なこともアタマには入っていたつもりだ。けれども、そんな経験や知識を超えて、日本の街中で目の当たりにするベンテイガは、なかなかにでかかった。

次ページトラック派生SUVとはまた違う感覚のでかさ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。