ベントレーのSUV「ベンテイガ」に乗ってみた

全長5mでもスポーツカーのように走れる

ベントレー初のSUV、ベンテイガを国内で試乗した。全長5メートルを超える巨体は扱いづらい? 都心とワインディングロードを走り、西川淳がレポートする。

塊としてのデカさ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

初めて乗ったのは、アメリカだった。それも砂漠のなかのリゾートだったから、ベントレー初のSUVも、「毎日乗れそうだ」と思ったものだ。ついでに言うと、ベンテイガなら、かなりのオフロードも難なくこなすし、何ならそのまま舗装されたサーキットへ持ち込んでもそんじょそこらのスポーツカーなんか振り切るほどのパフォーマンスをみせる。

つまり、現代のオールマイティ・ラグジュアリー、しかも筆頭の。それがベンテイガへのボクなりの賛辞だった。

半年ほど遅れて、“2度目のベンテイガ”。日本でも触れるという段取りになった。あの衝撃の性能をもう1度、とばかりに意気込んで取材現場に駆けつけて、思わずたじろぐ。

でっかい!

あれ? こんなにでっかいクルマだったっけ?

いや、もちろん、アメリカ以外でもショーなどで現物を間近に見る機会は何度もあった。それに、ボディサイズなど数字的なこともアタマには入っていたつもりだ。けれども、そんな経験や知識を超えて、日本の街中で目の当たりにするベンテイガは、なかなかにでかかった。

次ページトラック派生SUVとはまた違う感覚のでかさ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT