フェラーリ「GTC4 ルッソT」は何が新しいか

これまでのファンが持つ常識とは異なる車だ

 

フェラーリの最新モデル、GTC4 ルッソTをイタリア・トスカーナで試乗した。西川淳はいう。12気筒のGTC4ルッソの弟分と侮るなかれ、と。

トスカーナで驚く

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2011年にFF(フェラーリ・フォー)が登場したとき、マラネッロは、それをまったく新しいコンセプトに基づく、つまりは何かの後継モデルではないという意味で、久々のオールニューモデルだと宣言していた。

何を仰るお馬さん、4WDとなってシューティングブレークのような格好をしてはいるけれども、実質的には60年代初頭の250GT2+2に始まるフル4シーター12気筒FRの跳ね馬、最近でいうと456GTや612スカリエッティ、の後継モデルじゃないか、とボクは勝手に踏んでいた。

FFはその後、GTC4ルッソ(以下ルッソ)へと進化を遂げて、豪華なGTカー兼スポーツカーとして、独自のポジションを築いて現在に至っている。平均購入年齢層も、以前の12気筒モデルから比べると10歳、若返ったらしい。

やっぱり、それはまったく新しいモデルだったのだろうか。

その疑問をマラネッロは、まったく違う角度から解き明かしてくれた。その答が、新型モデルGTC4ルッソT(以下ルッソT)である。

次ページ走りがまるで違うから
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。