フェラーリ「GTC4 ルッソT」は何が新しいか

これまでのファンが持つ常識とは異なる車だ

フェラーリの最新モデル、GTC4 ルッソTをイタリア・トスカーナで試乗した。西川淳はいう。12気筒のGTC4ルッソの弟分と侮るなかれ、と。

トスカーナで驚く

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2011年にFF(フェラーリ・フォー)が登場したとき、マラネッロは、それをまったく新しいコンセプトに基づく、つまりは何かの後継モデルではないという意味で、久々のオールニューモデルだと宣言していた。

何を仰るお馬さん、4WDとなってシューティングブレークのような格好をしてはいるけれども、実質的には60年代初頭の250GT2+2に始まるフル4シーター12気筒FRの跳ね馬、最近でいうと456GTや612スカリエッティ、の後継モデルじゃないか、とボクは勝手に踏んでいた。

FFはその後、GTC4ルッソ(以下ルッソ)へと進化を遂げて、豪華なGTカー兼スポーツカーとして、独自のポジションを築いて現在に至っている。平均購入年齢層も、以前の12気筒モデルから比べると10歳、若返ったらしい。

やっぱり、それはまったく新しいモデルだったのだろうか。

その疑問をマラネッロは、まったく違う角度から解き明かしてくれた。その答が、新型モデルGTC4ルッソT(以下ルッソT)である。

次ページ走りがまるで違うから
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT