フェラーリ「GTC4 ルッソT」は何が新しいか

これまでのファンが持つ常識とは異なる車だ

 

フェラーリの最新モデル、GTC4 ルッソTをイタリア・トスカーナで試乗した。西川淳はいう。12気筒のGTC4ルッソの弟分と侮るなかれ、と。

トスカーナで驚く

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2011年にFF(フェラーリ・フォー)が登場したとき、マラネッロは、それをまったく新しいコンセプトに基づく、つまりは何かの後継モデルではないという意味で、久々のオールニューモデルだと宣言していた。

何を仰るお馬さん、4WDとなってシューティングブレークのような格好をしてはいるけれども、実質的には60年代初頭の250GT2+2に始まるフル4シーター12気筒FRの跳ね馬、最近でいうと456GTや612スカリエッティ、の後継モデルじゃないか、とボクは勝手に踏んでいた。

FFはその後、GTC4ルッソ(以下ルッソ)へと進化を遂げて、豪華なGTカー兼スポーツカーとして、独自のポジションを築いて現在に至っている。平均購入年齢層も、以前の12気筒モデルから比べると10歳、若返ったらしい。

やっぱり、それはまったく新しいモデルだったのだろうか。

その疑問をマラネッロは、まったく違う角度から解き明かしてくれた。その答が、新型モデルGTC4ルッソT(以下ルッソT)である。

次ページ走りがまるで違うから
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。