フェラーリ「GTC4 ルッソT」は何が新しいか これまでのファンが持つ常識とは異なる車だ

拡大
縮小

フェラーリの最新モデル、GTC4 ルッソTをイタリア・トスカーナで試乗した。西川淳はいう。12気筒のGTC4ルッソの弟分と侮るなかれ、と。

トスカーナで驚く

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

2011年にFF(フェラーリ・フォー)が登場したとき、マラネッロは、それをまったく新しいコンセプトに基づく、つまりは何かの後継モデルではないという意味で、久々のオールニューモデルだと宣言していた。

何を仰るお馬さん、4WDとなってシューティングブレークのような格好をしてはいるけれども、実質的には60年代初頭の250GT2+2に始まるフル4シーター12気筒FRの跳ね馬、最近でいうと456GTや612スカリエッティ、の後継モデルじゃないか、とボクは勝手に踏んでいた。

FFはその後、GTC4ルッソ(以下ルッソ)へと進化を遂げて、豪華なGTカー兼スポーツカーとして、独自のポジションを築いて現在に至っている。平均購入年齢層も、以前の12気筒モデルから比べると10歳、若返ったらしい。

やっぱり、それはまったく新しいモデルだったのだろうか。

その疑問をマラネッロは、まったく違う角度から解き明かしてくれた。その答が、新型モデルGTC4ルッソT(以下ルッソT)である。

次ページ走りがまるで違うから
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT