ドコモが「648円スマホ」を発売できた舞台裏

中華スマホメーカー「ZTE」の知られざる活躍

SIMフリー市場へも本格進出中のZTE。ハイエンドモデルの「AXON」シリーズを日本で投入。「AXON 7」は音響技術に力を入れるなど高い性能を誇りながら、6万円を切る価格を実現している(筆者撮影)

これら2つの戦略転換により、ZTEは現在、SIMフリー向けと大手携帯会社向けの端末販売を同時に拡大する二面戦略で、日本市場での大きな成長を実現しようとしている。これは同じ中国メーカーながら、大手携帯会社向けより自社ブランドを強化し、SIMフリー市場への注力を進めるファーウェイとは、対照的な動きといえるだろう。

事業のバランスをどう取るのか

こうした二面戦略には課題もある。大手携帯会社向けでは、MONOの成功で一定の成果を出したが、SIMフリー市場に関しては、高い価格競争力を持ちながらも、製品ごとのインパクトや知名度の低さもあって、さほど存在感を発揮できていないのだ。

ブランドや製品の認知向上を進めるためには、SIMフリー市場に向けた一層の取り組みが求められる。事業バランスの取り方もさらに難しくなるだろう。

巧みな舵取りによって、双方の市場で高い存在感を示すことができるのか、それともどちらか一方の市場に注力するよう、再び方針転換を図るのか。二面戦略の成果次第で、日本における今後のZTEのポジションは、大きく左右されることになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。