ドコモが「648円スマホ」を発売できた舞台裏

中華スマホメーカー「ZTE」の知られざる活躍

2016年10月にNTTドコモが発売した「MONO MO-01J」は一括で648円という価格が注目された。製造を担当したのが中国のZTEだ(筆者撮影)

中国・ファーウェイや台湾・エイスースが、どの会社の通信回線でも使える「SIMフリースマートフォン市場」で大きな存在感を発揮している。そのため、昨今では中華スマホメーカーといえばSIMフリー向け、というイメージが強い。

だが実は、製品を大手携帯会社向けにも提供し、存在感を発揮するメーカーもある。それが中国のZTE(中興通訊)だ。SIMフリー向けと大手携帯会社向けの両方を攻める「二面戦略」で、ZTEはどこまで勢力を伸ばすことができるだろうか。

国内外で多くの低価格スマホを開発・製造

ZTEの戦略を象徴するのが、2016年10月にNTTドコモが発表した「MONO MO-01J」である。MONOは4.7インチディスプレーを採用したベーシックなスマホ。特別な機能は備えていないが、防水・防塵機能を搭載するなど、使い勝手のよさと安心感を備えているのがポイントだ。

デザイン的にも「一昔前のスマホ」という印象で、一見地味な存在に思える。だがその発表は業界に衝撃をもたらし、一躍注目される存在となった。理由は価格にある。MONOは12カ月の継続利用などを条件に端末価格を割り引く「端末購入サポート」を適用すると、たった648円で購入できてしまうのだ。

ZTEはOEM(相手先ブランドによる生産)やODM(相手先ブランドで製品を設計・生産)として、国内外で多くの低価格スマホを開発・製造してきた実績を持つ。そのため、ドコモが要求する品質を満たしながらも、超低価格なスマホを提供できたのだ。

次ページソフトバンクとの深い関係
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT