ASUSスマホ、「コスパ最強」と言える深い理由

PCメーカーとして、日本市場を徹底分析した

エイスースはもともとパソコンやそのパーツを手掛ける企業で、日本でも高性能ノートパソコンの「ZenBook」シリーズなどを販売する。これこそが強みの源泉だ(著者撮影)

格安スマホの拡大とともに、日本でも注目されている「SIMフリースマートフォン」(どの携帯会社の回線でも使える端末)。このSIMフリースマホ市場で中国・ファーウェイと上位を争っているのが、台湾・エイスース(ASUS)だ。価格以上の性能と質感を実現するコストパフォーマンスの高さに加え、日本市場への対応に積極的なことが人気の要因になっている。

日本のSIMフリースマホを盛り上げ、市場の牽引役となったのが同社の「ZenFone(ゼンフォン)」シリーズだ。

同社が日本でZenFoneシリーズを最初に投入したのは、2014年11月発売の「ZenFone 5」。最も安いモデルで2万6800円という低価格ながら、“格安”とは思えない質感の高さを実現し、それでいて高速通信規格のLTEに対応するなど、十分な性能を備えていた(当時はLTE非対応のSIMフリースマホも多かった)。ZenFone 5はたちまち人気となり、エイスースはSIMフリースマホの代表格へと上り詰めたのである。

メモリ8GBの超ハイスペックモデルも

翌2015年に発売された「ZenFone 2」も、性能とコストパフォーマンスの高さでヒットを記録。2016年に後継機「ZenFone 3」を投入した際は、同時にハイエンドモデル「ZenFone 3 Deluxe」も発表し、中でも5.7インチのモデルは、フルメタルボディに高速CPU(中央演算処理装置)や6ギガバイトのメモリ、2300万画素のカメラなど非常に高い性能を備えていたことから、受注が一時停止されるほどの人気となった。

ZenFone 2は「性能怪獣」(パフォーマンス・モンスター)と呼ぶなど、安さだけでなく、高スペックを猛アピールしていた(著者撮影)

エイスースはスタンダードなモデルだけでなく、豊富な端末バリエーションを擁することも特徴だ。

2016年には光学3倍ズームができるカメラを搭載した「ZenFone Zoom」や6.8インチもの大画面ディスプレーを備えた「ZenFone 3 Ultra」、今年1月には4100mAhもの大容量バッテリーを搭載した「ZenFone 3 Max」などを投入している。今夏にも非常に特徴的な機能を持つ「ZenFone AR」を発売予定だ。

ZenFone ARは、グーグルのAR(拡張現実)技術「Tango」と、VR(仮想現実)技術「Daydream」といった、今話題の新技術に対応したスマホ。それだけに性能は非常に高く、5.8インチの有機ELディスプレーに高性能CPU、スマホ初となる8ギガバイトのメモリを搭載するなど、現時点では最高峰というべきスペックを誇る注目機種だ。

次ページ タブレットとの合わせ技で調達を優位に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT