ASUSスマホ、「コスパ最強」と言える深い理由

PCメーカーとして、日本市場を徹底分析した

もちろん、エイスースのスマホが日本でヒットした理由はコストパフォーマンスだけではない。日本向けのローカライズに積極的に取り組んだことも、人気の大きな要因となっている。

外資系メーカーの多くが、市場規模が小さいSIMフリー向け端末のローカライズ(地域ニーズへの対応)を避ける傾向にある中、エイスースがそれに積極的に取り組んだのは、パソコンメーカーであることが大きく影響している。エイスースは日本で長い間パソコンなどの販売を手掛ける中で、独自のニーズを取り入れてローカライズを積極的に進めることこそが、販売拡大につながると学んだのだ。

パソコンとスマホの両方でノウハウを蓄積

スマホに関しても、「格安スマホ」という名前が生まれる前の2013年、エイスースは3G(第3世代の通信規格)による通話や通信が可能なタブレット「Fonepad」や、タブレットとスマホを合体できるユニークな仕組みを備えた「Padfone 2」などのSIMフリー端末を投入したことがある。

スマホで日本に進出する前の2013年、「Fonepad」などのSIMフリータブレットをいくつか投入し、日本市場の動向を見極めていた(著者撮影)

これらの販売動向からSIMフリー市場の成長性を見極めるとともに、詳しいニーズを把握するなど綿密なマーケティングを実施。このことは、その後、日本で販売する製品の選定やローカライズに大きく影響し、同社を成功へと導いた。

ヒット端末のZenFone 5では、日本以外ではあまり使われていないが、NTTドコモが主要な周波数帯の1つと位置づける「800メガヘルツ帯」にいち早く対応し、日本語入力システムにも実績の高い「ATOK」を採用。日本で快適に利用できる環境を整え、広く支持を集めた。

昨年も、ほかのSIMフリースマホメーカーに先駆けてKDDI(au)のネットワークに対応し、「UQ mobile」など、au系格安スマホ業者の躍進に貢献している。

次ページ大手メーカーとどう戦う?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。