西野亮廣「次世代エンタメ、僕ならこう作る」

ライブ、劇場、独演会…「3つの秘訣」はこれだ

「お客さんと一緒にやる」と、「喜び」が増える(撮影:今井康一)
「お笑い芸人」と「絵本作家」という、異なる2つのジャンルで活躍するキングコングの西野亮廣氏。先日、自著である『えんとつ町のプペル』をネットで無料公開したことでも大きな話題を呼んでいる。
そんな西野氏が「めちゃめちゃ面白い!」と激賞している本が、『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』だ。2013年に発売され、ロングセラーとなっている。
1つのジャンルで「100人に1人」になり、さらに別の分野で「100人に1人」を目指すことで、誰でも「稼げる人になる」。その方法を説いたこの本が、西野氏の活動の大きなヒントになっているという。
今回、本の帯に西野氏に推薦文を寄せてもらったことをきっかけに、著者の藤原和博氏との対談が実現した。第6回目のテーマは「新しい次世代エンタメの作り方」。西野氏が行った「赤ちゃんが泣いても楽しめるライブ」を例に、3つの秘訣について語る。

対談第1回第2回第3回第4回第5回

赤ちゃん連れは「ライブ出禁」なのか

『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

藤原:ここまでの対談で”必ず稼げる1%の人になる方法”、”誰でも勉強が好きになる秘訣”などについて話してきました。最後に、西野さんが取り組まれている「次世代のエンタメ像」について、もう少し話しましょう。「次世代のエンタメ」といえば、『魔法のコンパス』でも書かれている「赤ちゃん連れでも楽しめるライブ」が非常に印象的でした。

西野:「ライブで泣いている赤ん坊の問題」の話ですね。「子どもが小さいからライブには行きにくい」ということも聞きますよね。

藤原:僕の講演でも起こるんですが、先日も演劇鑑賞に行ったとき、近くで赤ちゃんがワーワー言っているところに遭遇したんです。1回はいいけど繰り返されると、確かに気になる。でも、西野さんはちゃんと「みんなが楽しめる秘策」を考えているところがすばらしいと思いました。

次ページまずはイジって「笑い」に変える?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。